主の独り言


(プロフィール)

ルイ先生(全クラス担当)

インド料理教室R's Studio主宰者
10代の頃よりインド人と交流、学生時代はインド(政治、宗教)を研究テーマとする
20代はインドにおけるフィールドワークを中心にインド文化や料理全般を学ぶ
在日のレヌ・アロラ女史(インド料理研究家)やダッカのシディック・カビール女史(東インド料理研究家)に師事

日本紅茶協会認定ティーインストラクター


2003年 インド料理教室R's Kitchenオープン
2005年 武蔵小山に移転、インド料理教室R's Studioとして再オープン
〜    現在に至る

趣味    
インド、フランス、柴犬(←ワンコのオヤツレシピ公開中!)

2017年11月17日(金)
インド料理パーティー
11月23日はインド料理パーティーですよ!
銀を磨いてパーティーに備える。執事がいれば完璧なシチュエーション。しかし時は現代ここは日本。私には臨時アシスタントがいるだけです。パーティーとなれば自力で頑張らねばならぬ。
実は、こちらのカルチャー教室、パーティーを頻繁に行っています。最近はハロウィンの、こんな感じで↓

お菓子教室のパーティーですが、アフタヌーンティーパーティーは春秋の恒例行事になっております。スペイン語教室のXmasパーティーや音楽パーティーも恒例ですね。年間のパーティー開催件数は10近くにはなるのではないでしょうか。
しかし、インド料理パーティーを主催することは絶えて久しくなかったです。ほんと震災以降初かも。
2階の教室のパーティーではリクエストにより、フランス料理だけでなくインド料理がふるまわれますが、こちら、本当のインド料理教室でインド料理に特化したパーティーを長らくやらなかったのは、主である私の怠慢です。が、ついに重い腰を上げることにした!
2010年前後に頻繁に主催していたインド料理パーティーは男女混成の大掛かりなものばかりでした。当時は出会いの場としても機能してましたからねぇ。
時は流れ、ブームは去り、私の興味もパーティーではなく純粋なレッスンの方向にシフトし。
ここ数年はインド料理ブームに頭打ち感が出てましたので、フランス菓子や新しい分野のお菓子に心を取られてきました。インド料理は現代インド料理の分野にのみ注力しておりました。フレンチとの融合など模索したり。しかし、やはりベーシックは美味しい、ということで、2年くらい前からまた基本のカリーのレッスンに立ち返ったり、右往左往。
それで、試食会を開こうと唐突に思ったわけです!
現在、ほぼ定員に近づきましたので、ちょうどよい感じのパーティーになるのではないかと。
スパイス料理ですからお酒がつきます!
赤、白ワイン、ビール、カクテル、ラッシーなどご用意いたしますよ。私も着席するつもり満々で、定員が控えめにおなっております。お茶会の時は表に立つ暇なく裏でコマネズミのように働いておりますが、今回は全部一気に出してから座らせてもらう。ははは。
ご質問の多いデザートについてですが、フランス菓子ではありません。インドのデザートです。ココナッツロールケーキを、いつものロールケーキだと思ったら大間違いです!粉の生地にショウガ入りココナッツジャムを巻いた素朴なもの。キールはリオレみたいなものなので大丈夫だと思います。胡麻のガレットも日本人なら絶対に知っている素朴菓子の味。
お料理もそうですが、デザートも食べやすいものを3種類ご用意してますので、ご安心ください。本当はグラブジャムンとかラスマライとかガジャハルワとかシマイとかジャレビスとか出したかったのですが、苦労報われず残されることが予見できるので、今回は見送り。
第一回目ですから、お手柔らかなメニュー構成で行きます。お楽しみにどうぞ!
皆様のお越しをお待ちしています!
2017年11月2日(木)
テスト
PC引っ越し中、こちらインドの方のサイトはうまくいくかな〜昨日はお菓子教室移植を完了させました。
私のデジタル能力は驚きのローレベル、何が何だか訳が分からずに闇雲に使っています。HP作成も例外ではなく、ど素人がさほどの進化もなく12年以上前から自分でHP作成してます。何でも自分で管理したい派でアウトソーシングができないのです。しかしデジ能力が低いがため、いまだにHPBソフトに頼り切り、結果レベルの高いサイトに仕上がってないのは自覚してますが、人に頼むよりは自分で作れるなら。センスがなくてもなんでも、これでいいかと。何とか情報はお伝えできてるつもりで。
皆様には申し訳ないですが、このサイト、いろいろ見にくいかもしれませんがお許しを
2010年以来しぶとく使ってきたノートの処理能力がついに限界に達し、写真の処理能力が絶望的遅さになってきたので、現在やむなく引っ越しの最中です。
この月末月初の貴重な3連休をすべて費やし苦闘。今日中に終わらせないと!
2017年9月5日(火)
インド料理パーティーのお知らせ!
11月23日(木祝)夕方〜インド料理パーティーを開催します!参加は教室メンバーとお友達やご家族など、どなたでも!夕方のパーティーですがお酒も出ます。
参加費は2500円です。

メニューは現代インド料理中心、フランス料理などと融合したフュージョンから、オーセンティックなインド料理も。お茶菓子のようなものも用意しようかと。
興味のある方はどうぞメールにてお申込みください!
お名前と人数を忘れずに記載ください!
お申込みお待ちしています!

chezlouise3137@gmail.com
2017年8月25日(金)
呼ばれなかった・・
*写真はガンガーです
来週、私がインド・ダージリンを旅行することは前々からの予定でした。昨年から計画していて、昨年の茶園シーズン(5月〜10月)には行けなかったので、今年こそと思い、春は逃しましたので8月に、茶園青々とした最高の時期です!満を持して、旅行を計画したのが今年6月上旬のことでした。
しかし、6月の下旬から、よりによってダージリンでまさかのデモストライキ暴動が起こり始め、立ち往生した観光客がインド軍によって山から下されるという非常事態に。紛争で死者まで出る事態になり、私はハラハラしながら早期収束するのを7月の間ずっと祈ってました。が。8月になっても状況は変わらず。
外務省海外安全ページもダージリン旅行をしないようにという警告を出し続け、それでも私は願っていました。インド政府の強大な力で何とか事態を収めるだろうと。ずっと願ってました。
しかし、7月になって、ダージリン地区のインターネットに規制がかかり、現地とメール連絡も取れなくなり、8月の中旬、ついに恐れていたことが。。
私は今回ウィンダメアという歴史的ホテルに4泊予約を入れていたのですが、そこの支配人から直接連絡が来ました。
「現在、バグドグラの空港でダージリンの観光客は入国許可が下りない状況です。茶園や鉄道や商店もストライキで閉鎖しています。お客様がホテルに来られる状況ではないので、ご予約を無料キャンセルさせていただきました」
という、何ともご親切な。悲しいお知らせメールが。。
インドに呼ばれなかった!!初めてのことです。
よりによって私が行こうとしたダージリンで。まさかの拒否られ。インドよ。。。
私はインド文化にはまっているだけに、本質的に運命論者でして、今までの人生、全て流れというものを感知しながらやってきました。メッセージ、啓示、インスピレーションというものを自然に感じて、人生のかじ取りをしてきた人間です。
この事態を、どう捉えるべきか、、とりあえず、インド旅行はキャンセルです。方向転換には時期が迫り過ぎて準備不足だし、こういう時に強行してはならぬ。
来週一週間、休みを取ってしまったので、別の場所を旅行します。北海道。涼しくて良さそうじゃない?
北の大地を5日間ドライブしてきますね〜
インドと北海道じゃ違いすぎるけど。
直感と啓示に従う。
2017年8月3日(木)
ダイバーシティ
最近、世間(一般の会社)ではダイバーシティ(多様性)が話題のようです。女性の活躍推進と関係しているそうで。有楽町のパラダイスダイナスティの8色小龍包の写真をアップしてみました。
組織人には色々な葛藤があるんだろうな。脱サラして自営業者になって早12年を超え、私は日本社会の組織から遠くに来てしまったから、もう分からない。
自営業者こそダイバーシティだから、では会社員のダイバーシティってなんだろうって思います。適材適所で各人の能力をフル活用するということらしいんですが。妊娠出産後の手当てを厚くし、復帰をスムーズにするとか、昇進の基準を変えるとか、様々な試みがあるようです。
その人の状況に応じた仕事を会社が提供してくれるってこと?でも、そういうことすると、給料や待遇面の不公平感をどう解消するかが問題になるでしょうね。自営業者なら働いた分だけ稼げ、休めば休んだ分だけ収入が減るという分かり易い構造ですが、会社は月給制だったりしますからね。
そもそも会社って、アリの巣と同じ構造だそうですよ。3割はあまり働かない人達がいる世界ですよね?その3割を取り出してまとめると、7割は働き出して残り3割はやはり働かないという。反対に働く7割だけにすると、そのうち3割は働かなくなるという不思議な光景が。
ある生徒様の働いていた外資系某は、毎年下位2割の社員を首にするという手法で、何とかアリの巣現象を食い止めようとしているらしいですが、それは自然の摂理に反しているのかもしれない。
自営業者の場合、基本1人ですから、自分が怠けたらその事業は終了です。そうして起業後、10年後まで生き残れるのは10人に1人という計算もあります。アリの巣の世界で生きるより遥かに厳しいのがお分かり頂けるかと思います。なので、安易に起業せずに会社にしがみつくことをおススメ!
それでも自分の仕事に不満がある場合、インドに行ってみるというのはどうだろうか?
真のダイバーシティを見るならばインドに行こう!
老若男女、階級も上から下まで、色々な人が色々な考えで色々な方法と手段で、生きている国です。最高層はエリートで宇宙まで飛んでしまいますし、底辺の職業には乞食なんてのもあります。日本人からすると乞食の人は働いてないように見えるかもしれませんが、彼らは立派に乞食してます。乞食もしないでダラダラ路上で寝ているだけの人もたくさんいる中で、乞食の人がどれだけ稼いでいることか。変な話だけど。
インドは女性蔑視の国ですが、歴代首相に女性がいることから分かるように、女性は女性でも階級が上の知識層の女性は活躍できるチャンスが多いです。一方で低い階層の非知識層の女性は差別されまくりなのですが。
日本の場合女性はどの階級、知識層であっても、見えざる差別を受けますので、ちょっと状況が違いますね。日本の知識層の女性側の意識の問題でもあると言われていますが。自らを低く置くのが習慣づいているという。大卒者の専業主婦願望などにそれが表れているとも言われています。しかし、私の意見は別でして、単にあまり働かない3割のアリの生活を送りたいという意見表明に過ぎないと思うのですが。その証拠に、最近は男子学生も専業主夫になりたいという意見も増えているとか。これこそ実はダイバーシティじゃない?人はその能力に応じた程度の仕事を求め、それが受け入れられる社会こそ。理想。
受け皿があればね、って皮肉を言ってみようか。
世界全体で見渡すなら、日本人はしっかり働く上位1割以内のアリです。間違いなく。
怠けて生きたい人も、インドに行けば究極に怠けて生きる方法を知ることができます。帰国せずにそのままインドに住み着く日本人もいます。強制退去を受ける日まで、日がな一日ガンガーを眺めて過ごすというのも可能かもしれない。でも、インドに住み着く日本人って、結局、商売にしてもヴォランティアにしても凄く頑張って働いていたりする人が多いから、基本ほとんどの日本人は働きアリなんだと思う。
日本のダイバーシティに思い悩んでいる中間管理職あたりの女子諸君、インド旅行どうやね、楽しいよ〜
2017年7月14日(金)
スリランカ・・
スリランカは「輝く島」という意味です。インドの南東に位置し、紅茶の栽培で有名。日本人はセイロン島という名前で知っている方が多いかも。インド北部から移住したシンハラ族とインド南部から移住したタミル族で構成されたインド圏の国です。
先日、目黒の担担麺香屋で青鬼を1人食していた時、後ろで会社の同僚と思しき二人組の会話が耳に飛び込んできました。
「●●さん、この間スリランカ旅行したらしいですよ。感想聞いたら微妙だって。微妙ってなんですかね?5日間も休み取ったのに」
「聞いた聞いた。何か3食いつもココナッツ味のカレーで、ココナッツ苦手だったみたいでさ。ジュースはお腹壊すから氷なしの温いジュースで、とにかくご飯がぜんぜん美味しくなかったらしいよ。つまらない旅行だったみたい」
「へ〜、スリランカってココナッツカレーなんだ〜。どうしてジュースが温いんですかね?」
*私心の中で突っ込む「日本じゃないからねぇ」
以上、残念な会話を漏れ聞いてしまったものだ。。
スリランカは、毎食ココナッツ味のカレーなのは間違いないですね。それに、モルディブフィッシュのカツオ味も効いてたはず。その方、スリランカを何だと思っていたのだろうか。あそこはほぼ南インドみたいなもの。カレーなんですよ、食事は。しかも、もれなくココナッツ風味の。あの味、苦手でしたか。。。
スリランカ、一度行きましたが、あそこはインドの田舎みたいなもの。食べ物はジャックフルーツが美味しかった。道の至る所に生えてて。生のフルーツとしても美味しいし、カレーにしても美味しいし。ジャックフルーツは万能でしたね。
電気も水道もないような、コロンボから離れた郊外の一軒家で料理を作ってもらいましたが、暑さのあまり持参したミネラルウォーターが途中で枯渇し、食事中水が飲めずに辛い思いをしました。辛い料理に熱い紅茶を飲むしかなく。
同行者は耐えきれずに生水を飲んでしまい、濁った井戸水です、結果その日そのまま帰国便に乗ったのですが、機内で大変な下痢腹痛に見舞われ、お気の毒でした。私が状況を見越して5Lくらい水を持参しているべきだったと思います。
そのまま飲めるキレイな水がある衛生的な国で暮らしている日本人に、スリランカの現地民家ハウス滞在は食事だけであってもハードルが高かった。。
お食事はとても美味しかったのだけど↓

一言で言えば、全部ココナッツ風味のカレーです。
辛くてしょっぱい。これが家庭の味。
スリランカ、紅茶園見学するには最高の国です。
ヌワラエリアが最高地として、ウバ、ディンブラ、ルフナ、キャンディと茶園が延々と続きます。牧歌的な茶摘みの光景もまたよろし。
私はヌワラエリアのティーファクトリーホテルに滞在しましたが、別世界でした。涼しくて、イギリス風のバンガローやイングリッシュガーデンがあったりして。茶園ではアフタヌーンティーもいただけますし。
そんな目的のある方に、スリランカはおすすめ。
しかし、カレーにも紅茶にも興味ない方は、凄く面白い国とは思えないかもしれないですね。仏歯寺とシギリヤロックくらいしか、これといった見どころはないです。
前出の会社の方、タイに行った方が良かったと思います!5日間も休み取ったんだから。。。
タイなら氷入りの冷たいジュース飲めるし。バンコクなら近代的でエステだって買い物だって天国よ。タイ料理や中華料理が美味しいし。同じココナッツ味でもグリーンカレーやレッドカレーの方が慣れてるでしょうから、お気に召すかと思います。
スリランカ、バングラデシュ、ネパールなどインド圏は、インド各地を一通り巡って、飽きたなって頃に、インドの一地方くらいの感覚で行ってみると、意外と楽しめるのではないかと。思います。料理もそれぞれ特色がありますし。
バングラデシュは美味しいですよ!ネパールだってモモがあるし!モモ大好き!
スリランカは最後でいいかな。紅茶好きやアーユルヴェーダの人だけにおススメします。
インド及びインド圏の中では最もキレイな国ではありました。街に清掃員がいるのを見たのはスリランカだけです。
わーい!今年はついにダージリンだ!
8月28日〜9月3日です。うふふ、楽しみだな〜
2017年7月12日(水)
不条理
不条理=理にかなわないこと。非常識。
初めてインドに行った時、私は不条理の意味を悟りました。随分前のことです。
学生時代に学んでいたサルトルの捏ね捏ね不条理が意味不明の概念ならば、インドで体験した不条理は単純に具現化したものでしょうか。どちらにしてもノーセンキューです。
私が今何をしているかというと、インドビザ取得に向けて思案中です。8月末にダージリンへ行くので、ビザが必要なのです。これまで何度も取得してきましたが、毎回のように要件が変わる国なので、2017年はどうなっているのか調べたところ、やはり様子が違ってました。前回はビザセンターで取得しましたが、業務がまたインド大使館に戻っているようです。九段下の新しい大使館ですね。建て直した後は行ったことがありません。
より深く調べてみると、アライバルビザがあるようです。到着時に発給される便利なビザです。日本人向けらしいですが。。事前に大使館で取得するより便利なのは間違いないでしょうけど。
こういうのって、悩みますよね。私の経験上、インドで何かをするというのは変則的な事態がおきかねないのです。え?って思われる方は、インドのことをあまり知らないか今までラッキーな人かな。
デリーの空港でビザが貰えるとして。問題は、その時の担当官の良し悪しを運に任せるのは正しいのかということ。特急スムーズかもしれないし、やたら足止めを食うかもしれない。奇妙にダラダラ仕事されて、その目的が何なのか?チップ?こちら側のオーバーアクションな愛想の良さ?とかだったら面倒臭いし。
私は到着した空港で時間と手間がかかるのを好みません。夕方着なので渋滞が怖いのです。空港からホテルまで3時間とかかかる可能性もあります。デリーの夕方の渋滞は、もし2017年も解消されてないのならば、地獄の進まなさです。一刻も早く空港を出て迎えの車に乗りたいのです。
九段のインド大使館を2往復するのは大変ですが、インドの空港で初っ端から精神的に疲れるかもしれないというのはもっと嫌だ。そもそもビザが発給されるか疑わしいし。いきなりアライバル制度はなくなった、とか言われかねないので。
インド人こそ不条理です。尊敬に値する人格者もいる一方で悪魔のような輩もいます。良いも悪いも極端すぎるのです。平均的なインド人はどうかといえば。良い人もいますよ、でも変な人もたくさんいます。言い方が間違ってますね、良い人か変な人かは、その日のその人の機嫌によるので、結局は対人運ということになります。分かり易い感じで言えば最近話題になっていた女性議員みたいな感じの人が多いということ。有権者の前では腰を低くし、使用人はサンドバックみたいな感じ。
日本人は小さい頃から、感情の起伏を少なくして他者には礼儀正しく、と教育されます。自分勝手な言動は慎むように!差別やいじめは駄目!と。インドの多くの地域ではそのような教育はされていません。また、そのような道徳教育が施されたとしても現実社会と家庭は真逆だとしたら。結果、どうなるかといえば。
日本人とは正反対のキャラクターの国民性が、あちらの国にはあります。それが良いとか悪いとかの話ではありません、あっちでは日本人の常識が非常識なのでしょう。そんな訳ないと抵抗しても事実です。
インドの常識を羅列してみましょうか。
人を信じてはいけない。人種階級国籍差別は当然。他人には無愛想で横柄でなんぼ。騙される方が悪い。盗られた方が悪い。訛ったインド英語を理解できないおまえさんが馬鹿。
でも、幸いにもインドで日本人は特別待遇してもらえることが多いです。到着ビザの発給もそうです。日本人は好かれているし尊敬もされています。でも、あの特別待遇はインドの極端な面の一つです。
友好国への特別待遇は非友好国への特別酷い待遇の裏返しで、差別対象の国に対して、インドの傲慢さと横柄さは衝撃的なレベルです。
国のこういう態度は勿論インド一般庶民の差別感情とリンクしています。国内でも階級差別が酷く、もちろん世界の国々への上下の差別意識も半端ありません。
人間だったら、私が大嫌いなタイプです。
しかし、私達が酷いと感じる部分がある面、別の方向には素晴らしい文化とか歴史があるのです。
なので、インドを人に例えるなら、破天荒で非倫理的な芸術家、ということです。およそ非常識で不誠実であっても、その作品は素晴らしい。
ファンとしては、本人の素行は横に置いておいて、その作品を純粋に楽しむじゃないですか?
私はそういう派ですね。
ああ。今、分かった。私は作品が良ければ作者のキャラや倫理は問わないタイプだ。もし、作者の人柄が作品と同じくらい大切だと思うタイプなら、インドは無理です!インドは無理だ〜行けないよ〜
インド、好きと嫌いが分かれる所以ですかね。
まあ私としては、インド氏がそういう人だって分かっているんだから、ビザは事前に九段で取っておくことにします。備えあれば憂いなしで。
久しぶりに新しいインド大使館訪問も面白いかもしれないしね?
*上の写真は大気汚染で曇って先が霞んだデリーの官庁街の道路
2017年5月30日(火)
アルフォンソマンゴー
マンゴー輸入会社の2階の生徒様にインドのマンゴーを大量にいただきました。
アルフォンソマンゴーちゃんですよ、今、まさにシーズン!ラッキー!
インドのマンゴーはかつて日本には輸入されておらず、私はマンゴーシーズンの5月にインドを訪れた経験もなかったので、滅多に本物アルフォンソに出会う事はありませんでした。
しかし、本物が今ここにある!嬉しいですねぇ。

今週末のインド研究クラスでは、是非このマンゴーのデザートを一品入れますね!
最近、現代インド料理にはまってまして、私のレシピはよりオシャレな方向に向かってます。先日のパーティーでオーソドックスなメニューを作って思ったのですが、伝統は伝統として、やはり今風な料理を取り入れていくべきだなと。日本でインド料理を「生きている料理」にするためにも。
インド料理の進化系を日本に広めるためには、従来のインド料理屋では難しいと思うのです。インド料理にナンとカレーを求めるお客様相手では進化しようがないからです。それよりも、インド料理を深く知らずとも香辛料を使った料理を好まれる方々ならば、偏見なく現代インド料理をそれと知らずにでも食べてくれるかもしれないです。面白いと思って見てたらインド映画だった!みたいなノリで。
となれば、お洒落カフェかフュージョンアジアンエスニック系のお洒落レストランで、現代インド料理を扱うようになっていくのが理想かもしれません。インドだからではなく、美味しいから、食べて貰える方向に!
現代インド料理は本当に面白いんですよ。
キッシュやパスタなどと合わせるフレンチやイタリアンとの融合はもちろん。チャナ豆のパンケーキとか。ラジャスタン風チャナ豆のスープとバティ(スコーンみたいなもの)とか。私の好みです。
今風な作り込みのバナナスープやパニールカレーのバリエーションもおススメです。
インドの若手料理研究家が色々な方向を提案してくれていて、私は次回現地に行ったら必ずそれらのレストランに行きたいと思っています。
次回は、今年です。今年こそ。ダージリンに行くついでに大都市(デリーかムンバイ)で今流行のレストラン歩きをしたいです。飛行機の就航をチェックして、どの行程を行くか、決めなくては。
もうちょっとレシピをまとめたいですね。
お菓子と料理のクラスに加えてインド料理クラスなので、なかなかインドの手が回りません。この落ち着きのなさはどうにかしないといけないと思いつつ、2017年も半ばにきました。やることはまだまだたくさんあります。
試食会を兼ねたインド料理パーティーを開いて欲しいという要望がありました。
現代インド料理を中心にパーティーやろうかな。インド料理っぽく夏とかにでも。
興味ある方はご連絡くださいませ〜
2017年5月15日(月)
パーティー
先日、2階のスペイン語教室のためのパーティーを請け負いました。ラテン音楽とインド料理の夕べというコラボのイベントです。24名ほどのお客様。
こちらはインド料理教室ですが、ルイズカルチャー教室にはお菓子、フランス料理の教室もあります。年間を通して教室全体で様々なパーティーが開催されますが、各教室の料理の混合アイテムでパーティー料理を構成しています。
今回のようなインド料理オンリーのパーティーは久しぶりでした。辛いモノが大丈夫な方々向きですね。
そもそもインド料理はパーティーに向いています。カレーは事前に仕込めるものがほとんどですし、変わったメニューを選ばなければ副菜の揚げ物も焼き物もビールやワインのお供にぴったりの味付けです。
今回のメニューは以下でした
・バターチキン
・キーマカリー
・シーフードカリー
・アルゴビ
・キャベツサブジ
・焼きナスライタ
・チキンカバブ
・フィッシュボール
・サモサ
・ビリヤニ
・ライス3種
・デザート3種
一般的な日本人でも大丈夫な昔からよくあるインド料理っぽいメニューを選びました。ラム使用は避けてフレッシュコリアンダーも控え目すぎるくらいに。
24名なのにお米の消費量が凄まじく、インド料理とは米ないし小麦を少量の濃いスパイス料理で食べるものなのだな、と実感しました。
もともとインド料理は塩もスパイスも濃い味付けが基本ですが(熱い国だし冷蔵庫もなかったし)、しかし今風な現代インド料理になればなるほど味が薄くなります。理由はそれです、たぶん。
貧しく、食糧保存も難しかった頃は、米を少しのおかずで食べるために濃い料理だったのでしょう。ご飯に梅干しみたいな。
一方で、富裕層や欧米向けの新しいインド料理は、より洗練され、その結果、フランス料理のような雰囲気になり、料理そのものを一皿づつ食せるように味付けが薄くなっていったのかも。
パーティーには有りがちな料理を出しますが、最近のレッスンでは現代インド料理ばかりやってます。
現代インド料理を作るとインドに行きたくなる。
本物は本場に行かねば食べられないから。
さて、今年こそ。計画立てよう。
2017年3月31日(金)
インド食
口コミで情報を聞きつけ六本木森ビルのハルシャ展に行ってきました。
ハルシャさんは南インドを中心に活躍する現代アーティストです。ここ10年で来ている人らしく、私もこの度その存在を知りました。作品は絵だけではなく造形物や文章など、いわゆる「表現者」らしいです。
社会に対するアンチテーゼ満載、いかにもアーティストらしいなと思いました。好きです〜。
生と死と食事がよく表現されています。特に食事場面にこだわりがつよく、興味深い。
南インドらしいミールスというスタイルの食事風景が様々な場面で再現されています。ミールスはバナナの葉がお皿で、とても合理的で衛生的(そもそも水が汚いから)なシステムです。
誰かが使った皿を洗って回し使うことに抵抗のある人が多いんですよ、南インドは。階級意識が強いんで。同じ食器を口にして下の階級の穢れが移るのを嫌うらしいです。そういう意味で北より極端かも。
インド人が手で食べる理由も、人が使ったスプーンなどを使いたくないというのがあるのですよ。多くの場所や場面では著しく不潔でも平気なのに、それに関しては潔癖というインド人、不思議ちゃん〜。
↓これは寺院の給食場面です。


個人的に面白く思ったのがこの↑食品サンプル。物凄くよくできてるなぁと感心したら、やはり、日本の食品サンプル会社との共同開発でした。
オレンジの渦巻きは私が大好きなジャレビスというお菓子です。全体的に立派なベジのミールスだ。南インドはベジタリアンが多いんで、ミールスも基本的にはベジの構成ですよね。
もう20年近く前になるけど、八重洲の某人気店がオープン当初ミールスのベジとドーサだけで、ナンもチキンカリーもなしで勝負しようとして、一年もたなかった。あっという間にナンもチキンカリーも出してました。オーナーが実に現実的だったと思う。その後で大人気店になったんですから。商売の基本は需要に従うことですね。
じーと眺めて、気づいたのが、このプラオ(米)短粒種です。なので日本米を使ううちのビリヤニとそっくり。

南インドなのに短粒種の米で再現しているのは、珍しいなと思いました。南インドは米ベルトで言えばインディカ米(長粒種)のエリアなのです。東インドが短粒種のベルトです。
インドはバスマティライス一択だと思い込んでいる日本人には意外でしょうが、インドの米の種類は相当たくさんあります。短粒種(ジャポニカ)米が収穫できる地域は当然ながら短粒種を食べております。インドの東、ベンガルとかミャンマーやネパールの国境あたりなど。ただ、脱穀技術が悪いせいか、はたまた輸入商品ではなく一般庶民向けはポストハーベストが緩いせいで虫が湧いているのか、粉々に砕けている米が多いです。インド人の家庭でご飯を食べていて、何とも粉々の米だなぁと思ったこと多数。一度自宅で米に虫が湧いた時、勿体ないからキレイに洗って食べたのですが、見事に粉々の食感になってました。虫がつくとそうなるらしいです。
ポイント@インド産のキレイな長い形の米は日本の農薬基準には耐えられない可能性が高いです
バスマティが日本で有名になってインド貿易商は大喜びでしょうね。高く売れますからね〜
インドは暑い国ですから、虫が半端なく湧くのですよ。スパイスもエクスポートクオリティの工場製品を買わないと帰国してからホラーです。バザールで買ったお土産スパイスで帰国1週間後に恐怖の沸き虫体験をして以来、私はスーパーの箱入りスパイスしかお土産にしない主義になりました。
インドの食品を美しく輸出するには消毒?が不可欠なのです、よって私は日本では極力インド米を食べないです。お店で出てくる時は仕方ないですが、自分で作る分には日本米を使います。しかも無洗米。ほどよく乾燥しててインド料理と好相性です。
ところで、炊き込み飯のプラオとビリヤニの違いですが。ビリヤニは肉入り。プラオは肉ナシ。と昔、インド人から習いました。が、間違いかもしれません。何故なら、お店でキノコのビリヤニや海老のビリヤニや野菜のビリヤニというメニューを見かけるからです。そしてプラオにラム肉が入ったものも。
スパイス屋でナツメグを買おうとしたら店番のインド系(ネパールかも)のオバサンに「ナツメグないよ、カレーにはナツメグは入れないよ!」と断言されたのと同じくらい、相変わらずインド料理は謎に満ちています。誰かの言う事を鵜呑みしてはいけない。だから私の言う事も鵜呑みにしてはいけない。インドは多様世界なんだから。
ところで、都内のインド料理屋さん。最近訪問したのは以下です。
↓こちらは表参道シターラのランチ。

↓こちらは六本木サイーファケバブアンドビリヤニのランチ。

↓こちらはコチンニヴァ―スのランチ。

表参道と六本木は良いと思います。どちらも北西インド料理です。サイーファの方は、お約束の料理ジャンルにパキスタンと南インドが併記されていて、商売はこういう目ざとさが重要ね!
日本人、南も東も北も西も、言語も料理も違うこと、どうせ知らないし分からないし。だけど何故か日本人の間で流行らしい「南インド」をつけとけば客が入るぜ。的な。日本でカシミールがついてるからって、北インドカレーっていう意味ではないように。何となくの雰囲気って大事よね〜?
ナンらしいナンを地元では食べたこともないタンドール釜とは縁がなかったインド人だって、ネパール人だって、日本でインド料理屋開業したら必ずナンとチキンカレーを売ればいいと考えていた30年前と同じ発想が今も生きてます。
そもそも「パキスタンとインド」とか「ネパールとインド」とか、場合によっては国旗まで、2つの国が店の料理ジャンルに併記されている場合、その併記したインドじゃない方の国のシェフかオーナーの店だというささやかな意思表示なんですよ。
日本人からすれば、美味しければ何でもいいんですけどね。料理はダイバーシティ。マンゴーラッシーだって逆輸入で今はインドにもあるし。日本のインド料理屋が発明したんです!マンゴーラッシーとかバナナラッシー。知ってました?
そうそう、シターラのランチタイムにつくスイートラッシー、スパイス入りで本当に美味しいです。
私は北西インド料理が好きですね。肉好きなんで。
都内でいい店、見つけたら教えてくださいね〜。
2017年3月15日(水)
現代インド料理
最近、研究クラスのメニューはベジタリアン続きです。しかも現代料理ばかり。理由は、現在私がインドのベジタリアンのお洒落なインド料理研究家の資料にはまっているからです。デリーの名店インディアンアクセント的な料理、私ドハマリしました。
実は、今更ですけど、私の裏の顔(表の顔?)はフランス菓子と料理の人です。インドとの関わりもインド料理歴も軽く20年超えですが、もう1つ同じくらい長く取り組んでいる専門はフランス菓子と料理です。
この二つの距離は、日本人から見ると、とても遠いですね。インドの旧宗主国であるイギリスが、インドとは異質ながらも縁をつなぐ存在ではありました。
日本人の国民食の一つ「カレー」は明治時代にイギリス経由で入ってきたインディアン英国料理です。その実態はスパイスてんこ盛りシチューです。美味しい英国料理の一つです!でも、それはインドの「カリ」とはまた別の料理です。
英国のシチューは当時貴重品だったバターの代わりにラードを使い、とろみをつけるのに小麦粉を使いました。そこにインドからもたらされた大量のスパイスを惜しげもなく加え、出来上がったのが現在日本人が決定版として食しているカレーです。ちゃんと作る場合にはラードで小麦粉を炒めて、という工程から始まるのですが簡易的に作るために開発されたカレールーが現代日本では一般的です。原材料にラード、小麦粉、各種スパイスと書かれているのが分かるでしょう。
本当のカリはどんなものか、インド料理を学んでいるうちに分かると思うのですが、一口で語れないくらい種類が多すぎね〜。素材も色々、とろみのあるの、サラサラの、スパイスの加減も様々だし「これがカリです!」っていう決まりはありません。そもそも呼び名もカリとは限らないし、カリと名付けられた料理がレシピ上でもあまりないかも。私が活用している参考書は主にインドで発売されているレシピの英語版ですけど、どれがカリーでどれがスープか、メニューの名前でははっきりしていないかったりするので、私が独断と偏見で「これはカリ、これはスープ、これはサブジ」と決めて日本名をつけてます。
なので、研究クラスほどカリの境界は曖昧になり、「最近カレーはドコに行ったんですか?」と聞かれますが、いわゆるカレーらしいカレーはね〜、現代インド料理だと少ない。
カレーって何?という問題に帰結していきます。
スパイスがたくさん入った汁っぽい料理、っていう理解でお願いします。最近は東南アジアのカレーも日本でメジャーなので、インド料理に限らず、スパイス多用した汁っぽい料理は全部カレーってことにしてください。
ちなみに私はインド料理(及びインド圏)専門なので、マッサマンカレーが何か分かりません。最近よく聞かれます。「世界一美味しくて有名なカレーなんですよね?どんなですか?」って。すみません、知りません。
質問される本人もまだ食べたことがないというオチが多く、謎が深まるばかり。タイの料理らしいです。
そんなに有名で美味しいなら、タイ料理のグリーンカレー並みの頻度で食べられてても良いですよね?私もタイのグリーンカレーはよく食べますが、マッサさんは食べるチャンスがないです。
武蔵小山駅前のタイ料理屋さんにもないですね。
よく、このようにグリーンカレーお弁当(650円)買ってますが。ここのテイクアウトメニューにマッサはありません。シンガポール風のチキンライスとかトムヤムラーメンはあるのにな。。。

思うんですが。マッサマンさん、どこのだれが仕掛けたのかしらないけど、掛け声倒れじゃないかな。。
「まだ食べたことないんですけど」っていうレベルの評判ばかりじゃなくて、巷でグリーンカレーやチキンライスの隣で売られるレベルまで普及させてよ。
武蔵小山の駅前のタイ料理屋でもメニューに並ぶようになったら、「有名」で「美味しい」とされているっていう評判を認めます。私も食べてみたいです。ちなみにレトルトじゃなくて、お店で提供される状態のものを。
ところで、研究クラス来月は、そろそろカリーっぽいカリをやろうかな。そうだ、M様からパニプリの現代版をやりたいとリクエスト受けていたんだった。4月はお洒落なパニプリ、やりましょう〜
2017年2月15日(水)
現代インド料理
青山のシターラで面白い料理を見つけました。
パニプーリです。これはインドの屋台スナックで、本来高級レストランのメニューではないのですが、コンテンポラリー(現代)インド料理の店では、屋台スナックもこのようなお洒落な装いで登場します。
プーリとはアタ(全粒粉)を水で練って伸ばして揚げたもので、焼くとチャパティになります。どちらもカリーやおかずと一緒に食べるものです。それを一口サイズにしたのがパニプーリです。中にはジャガイモや玉ねぎをマサラで味付けたものが入っています。そこにクミンベースのジャルジーラと呼ばれるスパイスウォーターを浸して一口で食べるのです。
原型はこちら↓ダッカの公園の屋台で食べたもの。美味しかったけど衛生面が怖かった肝試しスナック。
私のお腹は大丈夫でした!


シターラのパニプーリはジャガイモの中身の上に果物やチーズをあしらったお洒落さん。
すっごく素敵なプレゼンです。たこ焼きを高級素材足してお洒落な見た目にして高級和食店で突出しに出してみた、みたいなノリでしょう。
インド屋台料理がインドの高級店で出されるようになったのは90年代以降、現代インド料理が流行り始めてからだそうです。政治家や成金や芸能人など、昔は貧しかったセレブが幼い頃を懐かしんで高級店のアレンジした屋台料理を好むそうです。自分達はもう行けないけど、あの頃の味を安全に楽しむ方法です。
現代インド料理はコンテンポラリーと呼ばれてますが、つまりフュージョンのことです。創作和食ならぬ創作インド料理。基本はインド料理ながら大胆なアレンジが加えられています。
フランス料理、イタリア料理などの欧米の料理、東南アジア、メキシコ料理などの中南米料理、それにそもそも近い中近東のエッセンスなんかも含め、もちろん中華料理の影響は大です。和食の影響もあります。お洒落な若い富裕層はそういう現代風のインド料理店を好みます。インド人はどうしても食事にマサラが必要なので、インド人シェフがインド人の好みに合わせて他国料理を作ると○○インド料理になってしまいます。フランス料理にマサラ(スパイス)を効かせればインディアンフレンチになってしまうでしょう?そういうことです。日本人シェフがフレンチに醤油やワサビをエッセンスとして入れる感じでしょうかね。
相互作用してフランスでもエピス(スパイス)を使う料理が流行ったりしますので、料理は異文化交流なんですよ!日本人だってマサラ大好きですね?
「カレー」と呼んで喜んで食している日本式カレーはイギリス人の考えたスパイス入りシチューが原型です。イギリス人は歴史的事情により各国の中でもインド料理の一番の理解者で、イギリス料理はインド料理の影響を受けているものが多いです。スパイスを使用したものは全てそうですからね。ウスターソースとか旧植民地インドあってこそです。
インド料理の影響力は凄いです。マサラ万歳!
都内で美味しいインド料理を食べるならどこですか?とよく聞かれるんですが、インド料理って大きく聞かれても困る〜。日本料理と置き換えて、聞かれたら困るのと同じで。まず予算は?店に求める雰囲気は?東西南北のどちら系を希望?ベジ?ノンべジ?
都内のインド料理も高級店から食堂までありますし、値段もランチ800円〜2000円、ディナー2000円〜10000円くらい店によって差があります。北西が基準の店もあれば東南が基準の店もあり、はたまたネパール付近料理、スリランカ付近料理のインド辺境系もありますし、東インド料理ならバングラデシュ料理だし、北インド料理系はパキスタン料理とかぶるし、何人の店なのか、イスラム教徒のシェフの店かヒンドゥー教徒のシェフの店かで料理も素材も違うし、どう説明したらいいのだろうか。
インド料理とは、ってところから聞きたい日本の一般人はいないだろうから、私は敢えて深く説明しないです。そうですねぇ、気になるとこは色々行ってみて。みたいな感じでお茶を濁すかな。
「美味しい」は食べる人の経験値と求める方向によって、全く違う評価になるかと思われます。
青山のシターラは高級店です。フランス料理屋と同じくらいの予算、同じような雰囲気とサービス。ワインもインドからフランス、イタリアと揃ってます。青山なだけに値付けも高額。
料理は現代インド料理。フレンチとの融合が強く見られます。タンドリー料理多数で北西インドの気配濃厚、今回のパニプーリなど実験的な試みも。ジビエをカリーに仕立てたり牡蠣を積極的に使用したり、面白いです。デザートはクラシックな揃えも。
シュリカンド↓濃縮ヨーグルトデザート。シンプルな仕上げ。私はこれにドライフルーツを入れます。

ガジャハルワ↓ニンジンのデザート。ゆるめ。私はもっと固く仕上げます。

キール↓カルダモン風味の米ミルク煮込みピスタチオ添え。フランスにも同じもの(リオレ)があります。世界各国にこれと同じようなデザートがありますね。
私はフランス風に煮込んでオレンジとシナモンを入れたものが好き。

栗のブリュレ↓もはや完全にフランス料理のデセールです。美味しい!

青山のシターラはこんな感じです。インディアンフレンチと言ってよいのではないでしょうか。
シターラは都内他にも店舗がありますが、本気入ってるのは青山だけです。間違えないようにどうぞ。
ここのカリーが全部美味しいとは言ってないです。
ただ、ここはインド(デリーやムンバイ)で流行している現代インド料理の最先端レストランを意識したレストランだということです。そういう店は都内に少ないので、そういう意味で、ここは貴重です。
もちろん、求めているインド料理がもっと庶民派のベタな、しかも南インド系だとか希望の方には、都内でも全く別の店をおススメすることになります。
インド料理って奥が深いんですよ〜
最終的に、インド料理にはまったならば、やはりインドに行かねば!しかも各種レストラン充実のデリーやムンバイやコルカタなど大都市にですよ。寿司食うなら日本に限るね!インド料理食べるならインドに限るね!が私の本音です。日本でイマイチな店に当たってばかりで、ぶつくさ言ってる場合じゃないです。
私は次回のインド旅行を夢見ながら。。。
2016年12月15日(木)
占い
近代インドは第二次世界大戦後に独立するまで長年イギリスの植民地支配を受けていました。
よって、現在のインドはイギリスの影響を強く受けた文化が根付いています。その一つが紅茶です。
チャイなど喫茶の習慣はイギリス人がもたらしたものです。そもそも茶は長い間中国の専売品で大変高価でした。その高価な茶をコスパ良く手に入れるためイギリスは醜悪な作戦を仕掛けました。結果がアヘン戦争です。インドで栽培したアヘンと茶をトレードしたんですね。中国でアヘン中毒者が増えるほど金も茶も手に入るという。ひどいグッドなアイディアですね〜
腐敗堕落した清王朝にはなすすべもなく。
そんな頃、当時のイギリス人はとことん(良くも悪くも)賢いですから植民地のインドの高山で茶の栽培を始めました。アッサムの山奥でカメリアシネンシスの熱帯で育つ亜種を見つけたのです。ラッキー!
以来、インドは茶の栽培大国になりました。
インド紅茶は、そんな歴史を持っております。
インドを利用して大儲けしていたイギリスですが、現地に派遣されるイギリス人達は、暑くて異質なインドに慣れるのに結構な苦労をしたようです。
特にインド人に対しては、その複雑な階級や因習に宇宙人を見るような目で見ていたそうです。日本人のことはサムライハラキリと思っていた時代ですからね。
今の日本人が見ても今のインド人は宇宙人に近いですけども。。
奇妙な習慣の一つが占いで、インド人の迷信深さや占い好きは、当時最もロジカルだった先進国のイギリス人からすると仰天ものだったようです。インド人は今でも同じように迷信深く占いが好きです。9割方のインド人が占いで人生を決めているという特集記事をインドで読んだ記憶があります。
馬鹿馬鹿しいと思いつつも考えるところはあります。
スマホを持つようになって、随時配信されるヤフーニュースを読むようになりました。最新ニュースから軽いゴシップまで、様々な読み物が溢れていて楽しい媒体です。スマホ以前は、週刊誌または電車の吊り広告またはワイドショーでしか知りようもなかった芸能ニュースやゴシップが、あっという間に配信されてきますので、世間に疎い人間でもかつてない情報量に触れられる状況になっています。便利な時代です!
正直に言えば量が多いだけでどうでもいいような記事ばかりですが、たまに示唆に富んだものもあります。例えば本日読んだもので、読モ(読者モデル)と結婚できる確率は宇宙人に誘拐される確率と同じ、とか。
読モと結婚したいかどうかは各自の判断なので、その確率に価値があるかは不明。
しかし、このように奇跡のような確率でしか結婚できない職業って、確かにありますよね。それが何であれ具体的な希少職業をあえて狙うのだとすれば、婚活としては本末転倒かもしれない。特殊な動機で結婚した場合、高確率で離婚するんじゃないでしょうか。逆に言えば、婚姻を全うできる確率が低そう。。
占い師じゃなくても宣託できる未来です。
理由はソレかも。インド人は誰か慣れた人に自分の人生の確率を占って欲しいのだと思います。高確率なものを当てるという作業は、実はそれほど難しいことではないのかもしれません。
だから占いは具体的なことは言わないのだ。「アナタは読モと結婚する」とは言わないで代わりに「アナタは西から来た2,3歳下の黒髪の女性と結婚するでしょう」と言うのです。
その人の人生で確率の高そうなことだけ曖昧に教えてくれるのです。相手をコールドリーディングしながらカウンセリングするようなものですね。
インドでは両親が子供の結婚相手を占うのが一般的です。身近なところから5人くらい候補を出して、その内で最も星回りが良い相手を選ぶのです。どれを当てても当たり(または外れ)のクジたいなもの。
その場合、両親は聞こえのよかったストーリーの相手を選ぶだけです。幸福になれる保証をされて安心。その子が結婚して結果が出る(?)頃には、その占い師も両親もこの世にいない確率の方が高いし。
インド人の迷信深さにイギリス人が驚いたのは200年前ですが、今でもインド人が迷信深いのには訳があるのでしょう。日本人だって負けてないです、厄年があるし、正月にはおみくじを引きますものね?
ロジカルシンキングの世界では占いは原始的とみなされます。しかし一周回って、占いにカウンセリングとアドバイザー(コーチング的な)の要素を見出すならば、先進的なのかもしれない。なんて。
インドは相変わらず混沌世界です。
紅茶でも飲んでイギリス風ティータイムを満喫しようっと。ティータイムこそ至宝!
2016年11月29日(火)
グリーンピース
インドのグリーンピースはとても美味しい。
インドの冬の野菜はとても美味しいです。
2014年に野菜のプラオを教えてくれたのは、デリーのシーク教徒のマダムでした。
その時のインド旅行では、初めての旅行会社を利用しました。地球の歩き方などにも載っている、中堅どころの会社です。社長はシーク教徒のシンさん。
って、シーク教徒の名前は皆シンさんですけど。
そのお姉さまのお宅で野菜の料理を習ったのです。
思い出すのは、素敵なマダム宅の素敵なリビングで、美味しいチャイとビスケットを頂きながら、社長のシンさんにその時のツアー代(●万円です)をキャッシュでお支払いをしたこと。車、ガイド、料理教室などすべてのアレンジのツアー代を現地精算、しかも日本円のままで良いという、不思議な支払方法でした。
日本人を心から信じてるのかしら?
って、その時は思ったのですが。
今回、インドでの通貨廃止の大混乱を見て、納得しました。ああ、だからか〜
換金したルピーではなく、日本円をそのまま直接支払で欲しがった理由です。
高額紙幣だった旧500ルピーと旧1000ルピーを一気に無効化するとは、インド政府も思い切ったことをするものですね。しかも銀行で新しい紙幣にできる額に上限を設けるという。不正蓄財や偽札を防ぐ為らしいけど、インド国内の相当な量のキャッシュが無効になったようです。絶望的な人々が相当いると思われる。
こんな国、外貨の信用が高くなる訳で。
インドでは昔からアメリカドルとユーロ、日本円はそのまま使える店が多いです。自国通貨を信用していない商売人が多いからです。
今後どうなるんでしょうかね、要注目です。
ところで、最近のインド関連ニュースで、また日本人女性がレイプされたという情報がありました。
35歳日本人女性が一人旅の最中に声をかけてきた25歳の小売青年の自宅に連れ込まれてレイプ。
なにそれ〜お約束な最悪パターン過ぎるでしょ。
まず、女一人旅が大変危険だし、ガイドもつけずに一人で歩くなら「誰とも話さないぜ!」「おら近づくな!」くらいの勢いで険しく厳めしく早足で歩かないと。
現地で若者に声をかけられて、ほいほい着いていくなんて、子供じゃないんだからさ。
女性が初めてのインド一人旅したいなら、私のインド旅行の手引きを参考にしていただきたいんですけど。地球の歩き方インド版を熟読して外務省海外安全ホームページのインド版をしっかり確認してね、それで更に私のページを読んでいただきたいの。
インドでは女性特有の被害が「レイプ」だって大きな声で言ってますよね?
35歳だろうが50歳だろうが安心できませんから。
今回は警察沙汰になったからインド関連ニュースとして報道されてますが、警察沙汰にならない日本人女性のレイプ被害は、水面下で多くあると言われています。今回と同じく本人にも落ち度があるケースが多いので、恥ずかしくて警察に行けないとか怖くて一刻も早く帰国したいとか様々な理由で被害届を出さないケースが多いのです。
今回の女性は勇敢でしたね。助けを求めて警察に行けたし、警察もちゃんと働いてくれたようだから。インド警察は腐敗しているので運が悪いとセカンドレイプの例もあるし、「自分で男に着いていったの?駄目だよお嬢ちゃん〜」な感じで何もしてくれないパターンもあります。ちゃんと警察に働いてもらいたかったら日本領事館の人を呼んで同行してもらわないといけないと言われています。
とにかく、インドには良い人も悪い人もいます。ロシアンルーレットなんですよ。運が左右するので、自分を過信しすぎてはいけないです。目の前で親切にしてくれたインド人が良い人か悪い人か、分からない場合、悪い人だと思っておいた方が絶対安全。
インド人と深く仲良くなりたい、そう思うなら日本で然るべき立場にあるインド人を探しなさい!日印交流パーティーに出るとかね。そして、そういう人々と仲良くなったら、現地の家族や友人を紹介してもらって、それで旅行をするとかしてください。
いきなりインドを1人でフラフラして、そこで声をかけてくる人と仲良くなろうなんて、カモ葱だ。
インドで日本人に声をかけてくる多くが悪い目的を持った人達なのはセオリーです。いい人達は見知らぬ外国人に無闇に声をかけないですから。
気を付けてくださいね。
女子一人旅をしたかったら、日本発のツアーに参加するとか、日本から手配したガイドと車を雇うとか、防衛してください。
よろしく。
2016年11月15日(火)
見解の相違
先週のアメリカ大統領選挙の結果にダッカのジャーナリストの友達が失望してます。彼女はイスラム教徒だから当然の反応かもしれないです。
あのコメディな民間人のオジサンが、突拍子もなく世界最強国のトップに就任するとは、まるでハリウッド映画のようじゃないですか?ボリウッド映画でもいいかも。どちらにしてもドラマティックな展開がお得意だから。
憎まれっ子世にはばかるを地で行く(ように見えた)オジサンが、今回の結果を見る限り、実は米一般人の多くに愛されてるのね!?
我ら日本人、ぜんぜん知らなかった。ああいう下品かつ奔放な言動でも大多数に許されるキャラって、例えば日本では誰だろう?本当に知的でエリートな人々から「好き」と大声では言われないし女権論者からも嫌われがちだけども、お茶の間の一般人は「好き」な人。北野武さんとか?
それよりも!私がずっと注目していたのはお父さんの後ろに控えていたイヴァンカちゃん。
あ〜イヴァンカだ!と、初めて彼女を選挙戦で見た時、私は何だか懐かしく嬉しかったですね。
イヴァンカ・トランプちゃんは忘れ難いモデルでした。
彼女がモデルデビューした時を鮮明に覚えています。当時私は10代後半、まだ大人になっていなかった頃ですよ、スーパーモデルブームの後期で、欧米コレクションのランウェイを歩くスーパーモデルズに釘づけでした。私のアイドル達でした。
モデル専門雑誌が刊行されていて、その記事を読んでいた時、片隅に新しいモデルちゃん特集がありました。デビューしたばっかりのイヴァンカがティエリーミュグレのミューズになったという特集だったような?
インタビュアーが不動産王トランプの娘で元モデルのイヴァナの娘でもある彼女が16歳でモデルデビューした理由を聞いていました。はっきり言って七光りだよね?的な少し意地悪な感じで。
イヴァンカ答える「私は経済的に早く自立したかった。学費や生活費を自分で賄いたかったから、手っ取り早くモデルになった。数年後には大学に行って経済を学ぶ」と。
記事は最後に「彼女は希望通り16歳で自立した。今ではランウェイを歩く度に数百万円の収入を得ているのだから」と締めくくったのが印象的でした。
その時、私は大学生だったと思うのですが、ちょっと驚嘆したんですよ。親が金持ちなのに、経済的に自立したいと言う16歳が、この世にはいるのか。と。
そういうアイディアが私にはなかった。
我が母はウーマンリブの気が少しあり、私と姉が小さい時から「精神の自立は経済の自立から始まる」と言い聞かせてきました。母の言わんとすることは、つまり手に職をつけ自立して働きなさい。結婚後も専業主婦になることなく1人の人間として働き続けなさい。ということでした。
私はその言いつけどおり、将来は何がしかの資格取得または起業自営を志しておりましたが、当時学生の身分でしたから100%経済的に親頼りなのは当然で、それを疑問にも思いませんでした。お小遣いさえ貰っていました。若干のアルバイトをしてましたけど。
それが、16歳で、学費も生活費も自分で賄いたいからモデルになった、という金持ちお嬢の発言に、半分だけ目が覚めたような気がしましたね。半分だけね。
この子生意気だけど偉いな!というのが、正直な感想でした。
あれから20年経ったの?
まさか、こういう形でイヴァンカのその後を知るとは。
彼女は真のエリートだと思います。
あのお父さんが何者かさっぱり分かりませんが、言われているような女性差別者ではないでしょうね。あの娘が側にいるのだから。パパのセリフは全て台本かもしれないし、先は全く不透明。
ガラスの天井を破れなかったもう一人のマダムは、女性の権利を主張したい派の私でも、応援したくないタイプでした。私はビルの不倫騒動を覚えている世代ですから、あの時からあのマダムは個人的に好きではないですね。あの時、潔く離婚して同情後ろに政界進出してればね。または現東京都知事くらい女の腕一本で登ってきた人ならば応援したいけど。
アメリカ人も色々な見方をしているのだと思います。
とりあえず日本にとって結果グッドラックになる結果でありますように。
2016年10月10日(月)
薬膳
現代インド料理はフレンチやイタリアンだけでなく日本のエッセンスも含まれたグローバルな料理です。
こちらのサイドから見れば、けっこう利用価値のある分野であることに最近気づきました。
お菓子の生徒K様が漢方食のスペシャリストであられまして、色々お話しているうちに思いついたのです。
薬膳素材リストを眺めると、我らがお馴染みのスパイスが大量に含まれているのですよ。インド料理=漢方と言ってよいのは知っていましたが、漢方食材はスパイスだけではなくフランス料理で使うハーブや、普段料理や菓子の教室で使うような一般的な食材などもかなり含まれています。これは、凝らせて薬膳ルセットを作れば、菓子もフレンチもできるではないかと。
一部のインドカレーもライトに作り変えてみようかな。
インド料理はベタ過ぎて食べにくいという声もありますし、もっと一般食に近いのを作ってみようかな。
私のやっていることがクロスオーバーする可能性が高いので、薬膳には期待をしています。
専門家のK様にルセットを監修していただければエビデンスもとれますし。
本日は先行料理クラスのメンバーに薬膳リゾット(上写真)をやっていただきました。辛味を抑えれば味はOKとのこと。よし、楽しいですね!
新しいことをするのが好きです。
人生は短いから残り時間をカウントして、やりたいことをやっていかないと。あっという間に終了してしまうから。私はやりたいことが多いので時間が足りないですね。今年もあと数か月しかないですよ。先が見えてきたから、間に合わせるためには早く走るしかない。
インド旅行を延期したことが心残り。来年こそ。
とりあえず秋はフランスで。最先端の現代フレンチを見てきます。東洋のエッセンスが入るのがお洒落らしいので期待。本当はインドで現代インディアンフレンチを食べたいのですけどね!
寒くなるから体力温存しておこうっと。やはり薬膳食を心がけるべし。頑張ろう。
2016年9月26日(月)

動作確認中

2016年8月25日(木)
自然!
先日、千葉の畑を見てきました。ファンタスティックな光景、数か月見ないうちにすっかりそれらしくなって。インド料理に使えそうなキュウリ、トマト、ししとう、青唐辛子を貰ってきました。
最近はクックパッドと提携したインド料理クラスを頻繁に開催しておりまして、けっこうなインド料理好きが集まってくれて嬉しいです!
インド料理よ〜もっともっと栄えてくれ in Japan!
先日のレッスンで、夫婦二人旅のインド旅行後にパートナーが過酷なインド旅に心底参って、インド料理まで嫌いになってしまったという、ちょっと笑える話をしてくださる方がいました。よくあるある。
常態不潔+雨季+腹下しが3重苦になってしまったようです。恐らく現地の人間達にも参ってしまったのだと思う。具合悪いと苛々もマックスになりますからね。
よく聞く話です!私の友人も2007年のヘビーなインド旅行の時、もう一緒に行けないかもしれない・・・・と言ったことがありましたから。水風呂、流れない排水、辛いばかりの食事、汚臭、見たことがないようなぞっとする数々の光景。そして腹痛下痢が重なると、誰でも心身が参ってしまいます。
インドの下痢はね〜辛いですよ。素敵なインドを楽しむどころじゃなくなります。
それでも何度でも行ける人と、もう二度と行けない人と。いるのです。インドは好きになるか嫌いになるか、二つに一つと言われる所以です。そもそも心身の丈夫さにかかっている気がする。
私は、比較的、普通の日本女子よりは丈夫な方で、見た目にはそう思えないと言われますが、実際にはそうなんですよ。過酷なコンディションの旅には慣れていますので、インドは全然大丈夫ですね。
雨も風も泥も水風呂も流れないトイレも虫天国も下痢も危険も乞食の子供達も押し売りも詐欺も。全て体験済みですよ。毎回無事に帰国できたことをお釈迦様に感謝してます。
それに、近年はお連れする方々への配慮から、リッチでゴージャスな旅を企画してますので、より楽しい。
バックパッカー的な旅は、それなりの年齢の女性には、させてはいけません。素敵なホテルでエステやショッピングにお茶に高級インド料理、それらを滞在に組み込めば下界の混沌にも耐えられるというもの。それどころか一日混沌にもまれてから清浄な空気のホテルに帰った夜、自らが先進国に生まれている有難さに涙を流せます。この国に生まれなくて良かった〜という逆説的な感謝です。
日本人が住むのは厳しいですよ。
インド映画が映す最近のインドは結構素敵ですが、鵜呑みにしないでね。階級を超えた愛や平等や個人の尊重や勧善懲悪な歌やストーリーで成り立つ華やかなインド映画、ボリウッドの映画製作はかなりの実力だと思いますが。あれは「理想」だから。インドの「現実」はねぇ。。
まあ、日本も人のことは言えないかもしれないけど。
千葉を往復するのに家族の車を借りたのですが、オーディオに入っていたCDのヒット曲集で「世界に一つだけの花」がかかってまして、運転中に1人だとしっかり聞きますね。歌詞を。
ちょうどアクアラインを走っている時でしたよ。よく晴れた空と海、そして「世界に一つだけの花」っていうシチュエーション。うーむ。
凄く素敵な歌だけど。この歌の内容と歌っている人達の現実があまりに乖離してませんか。。
どうしたって誰かが一番になりたいんですね。
「だって人間だもの」相田みつを先生風に。
インドは、そういう意味で、すごく人間的な国です。
初めて行く皆様は、好きになるかな〜どうかな〜
2016年7月25日(月)
時空を超える旅
最近ウェッブが発達して、従来なら日本人が知ることもなかったような世界ニュースが配信されるようになりました。インドに関しては不名誉な「名誉殺人」や「レイプ殺人」のニュースが頻繁に流されているようです。
インドを学術的に学んだ、または実務に携わりインドの慣習をよく知る人々の間では、別に驚くようなニュースではありません。大昔からありますから。
しかし、ただのインド旅行者や駐在員やその家族、ちょっとデリーまで出張に行かされているだけの日本人にとって、なかなか驚きのニュースのようです。ましてインドには何らの興味もなく関心もなかった日本人には、ショッキングな内容のようです。
「名誉殺人」って何ですか?というご質問、答えにくいですが、インドやインド圏や中東にまだ残る悪しき習慣としか言いようがありません。
大雑把に言えば、一族の名誉を守るために行われる殺人のことで、場合によって罪に問われないということがあります。名誉を汚す、とされる行為には色々ありますが、一番多いのが性的な問題です。娘が格下の階級の男と恋愛したとか。婚前に親が認めない相手と関係を持ったとか。または、世間的にふしだらとされるような言動をとっているとか。婚前に妊娠してしまったとか。灯油をかけて火をつけられます。または首をしめるか、ナイフを使うか。下手人としては兄弟や従兄弟などが活躍します。
法律上は犯罪ですが、古くからある慣習なので警察も含め組織的に闇に葬られるというか、適当な事故か何かに見せかけて不問に処される場合が多いのです。例えばよくあるのが、嫁が嫁ぎ先の家族に殺された場合、台所の事故、交通事故、転落事故などとして処理されます。または娘が家族に殺された場合、自殺として処理されることはよくあります。
殺した家族が逮捕されることもありますが、その場合にはニュースになります。先日はパキスタンで兄が派手な芸能活動をしていた妹を殺しましたね。
これは特定宗教ともあまり関係なくて、ヒンドゥーでもイスラムでもあります。地域と習慣の問題です。または階級や家族の問題です。
(日本人から見て)時空を超えた世界があるとすれば、インドはその中の一つだと思います。一部には古代的な価値観を有する人々が今もそこにいるのです。
インドは都市も観光地も人間も、現代と近代と中世と古代が混じっています。日本も文化的にそうですが、価値観だけは全員が現代のものを持っていますよね。戦前の価値観の人がいるかもしれませんが、遡ってもせいぜい昭和大正まで。江戸時代や戦国時代の価値観の人はいないでしょ?それが、インドにはまだそういう人達がいたりするのです。
しかも同じ人が、表向き現代風なことを言いながら、裏では古代のままということもあります。
多様性。混沌。宇宙のよう。それがインドです。
東京で暮らしている私達には異次元の世界であるのがお分かりいただけますでしょうか。
インドは光と影の陰影が凄まじく、マハラジャワールド全開のインドで宮殿やレストランや高級ショッピングのリッチ旅をすることもできますし、マザーテレサに習ってコルカタのスラムでボランティアをすることもできます。または怖いモノ見たさのバックパッカーをやることもできるし、ヨガやアーユルヴェーダに特化した旅も可能です。文化コンテンツ力は世界トップクラスと思いますので、自分がインドのどこにフォーカスするか。です。悪いニュースばかりを聞くのはフェアではないですが、そのニュースは嘘ではない現実です。私の話すネガティブなインドに腰が引ける方々多いですが、私は大袈裟に話している訳ではありません。事実を淡々と述べているだけです。
私の話すポジティブなインドも、大袈裟ではありません。豪華絢爛という言葉がインドのパレスやパレスホテルほど当てはまるものはないし、アラビアンナイトが具現化した世界がインドにはあります。デリーの高級ホテルのロビーに集う金持ちの若者達の結婚式の華々しさはキラキラで目が見えなくなるほど。
本気で着飾ったインド女性達は美しいですね〜
その一方で同じ街のすぐ隣には、目もあてられない惨めな人々がいます。
格差って、こういうこと。
よく「インドに行くと人生が変わる」って言いますね?
あのアンビバレントに心揺さぶられたならば今の自分の立ち位置がより鮮明に見えてくる可能性があります。ちょっと思慮深くなれるかもしれない旅をしたかったら、インドはおススメです。リスクを意識しながらも夢を抱いて!どうぞ旅の計画を練ってみてくださ〜い。
2016年7月5日(火)
ダッカ
ダッカと言えばリキシャ、素敵な記念写真。。
日本中にバングラデシュそしてダッカの名が轟いたのは、1977年赤軍のダッカ日航機ハイジャック事件以来だと思います。何とも残念な状況。。
ローラちゃんのパパが逮捕された時もドキドキしてたし、昨年の日本人男性襲撃事件の時には内心焦りまくり、工場ビルが倒壊したのにも肝が冷え、そして今回の大騒動です。よりによってテロ!バングラデシュは日本人にとって、もはや良いイメージがつきようがないかも。そんな、絶望的な気分です。
私にとってバングラデシュは思い入れの深い国です。この大事件の起きたダッカには人生で2回行っております。ビーマンバングラデシュ航空に乗ったことがあるのは自慢できる事だと思う。秘境系やバックパッカー系の人々に対して、だけど。
ダッカにはムニマさんというジャーナリストのお友達がいて、これまで2回ホームステイをしております。料理を習ったりオールドマーケットで買い物をしたりガンジス河流域で舟遊びをしたりね。ディープな東インドを体験してきました。あの混沌ぶりはデリーをも凌ぐ。
大気汚染は想像を絶するレベル、水道水は汚染されヒ素まで混入し、都会でも地方でも、この現代を生きていない人々が多数いる国です。
私が東インド、と言っているのにお気づきでしょうか。
バングラデシュは東インドの一部地域なのです。地図を見れば一目瞭然ですが、インドの東側がぽっかりと空いて、そこがバングラデシュです。インドの東はベンガル地方で、そのベンガルの東側が分離独立してバングラデシュとなったのです。バングラデシュ=ベンガル人の国、という意味です。
なので、ベンガルの文化=東インド文化そのもの、を体験できるのがバングラデシュです。ちなみにインドに取り残された西側のベンガルは、インド第3の都市コルカタです。コルカタとバングラデシュの首都ダッカは双子都市と呼ばれていて、西と東のベンガルは今でも兄弟なのです。実際、ベンガル人は両方の都市にお互いの親戚が住んでいたりします。
インドは広大で、地方色が大変豊かであり、このように一部地域が独立したようなところは現在の国籍は違えど親和性は隣国の方が高いということがよくあります。コルカタ人にとってダッカ人は同じベンガル人ということです。当然言語も同じベンガル語です。
大きな違いは宗教ですね。バングラデシュは9割がイスラム教徒です。だから独立した、という歴史があります。最初は東パキスタンとしてですが。細かい話をすると長いので割愛。
近年経済発展著しいダッカ、日本企業も多数進出し、日本人旅行客も若干増えてきているようなことを聞いておりましたが、これでは旅行など当分避けられてしまうでしょう。
ダッカでIS系のテロが起きたことに、正直なところ驚きはないです。親日的で穏健派イスラム教国、と言われておりますが、私はそうは思わないです。
今回の実行犯達は富裕層の若者エリートだったとか。
驚かないですね。私はダッカの上流階級の家にホームステイしておりますが、そこで出会ったバングラの若者達、若者だけではないですが、全体的に欧米への敵意は隠しようもなく、滴っておりました。
10年前の時点で、その場に居たバングラ人の全員が、アメリカの911のテロを「悪いことだ」と言いながらも「それは元を辿ればアメリカのせいだ、彼らの気持ちは分かる」と擁護していたのが印象的でしたから。
日本人に対しての感情も複雑で、私達をアメリカと対峙していた戦前のイメージで捉えながら、現状がそうではないことに不信感を抱き、でも本音は違うだろう?みたいな。いつかまた闘ってくれるだろうと、または自分達の気持ちを理解して支援してくれるだろうと、日本政府が表向きそういう立場を取れなくても、少なくとも一般国民の日本人はアメリカが大嫌いなはず、憎んでいるはずだと。希望してましたね。
そして月日が経ち、ついに日本人は十字軍の側にいると、彼らは悟ってしまったようです。
その通りです。日本は欧米の側にいます。G7に加入した時からずっと。大分引いた場所にいるけども、どっちの味方かは明でしょう。
日本にいるイスラム教徒は皆穏やかな人達です。この国にいて騒ぐ必要はないし、そんなことはできないからです。我が国の見えざる圧力は素晴らしいものがある。自国に帰れば人が変わるような人であっても、この国にいる限り平穏な態度を取らせることができます。ここは入国したイスラム教徒が認めることですが、コーランで理想とされる和平の国なのです。真のイスラムが求める平和な世界です。
しかし一歩国外に出れば、殺伐としております。
日本と比べれば欧米ですらも、ましてやインドやバングラデシュは騒乱の国です。シリアなどの戦争地域ほど危険ではありませんが、一触即発の気配に満ちたテロの温床の国々です。インドで、私が過去に通った観光地やホテルも次々とテロの標的になっています。ついにダッカも。
実に残念です。
次回インド旅はバングラデシュの目と鼻の先のダージリンに行く予定ですが、この事件とは関係ない事情で、来年の春に延期しました。人員の都合で、先にヨーロッパに行くことにしたのです。
パリとウィーンですが、それらの都市だって、かつてのように安全とは言い切れないものがあります。
だからと言って、国内にじっとしている訳にもいきませんから、きーぷごーいんぐおん。
バングラに対しての企業活動や支援活動などが委縮してしまうかもしれないのが心配です。
ただ、リスクのある国なのは間違いないので、現地の日本人には十分に気を付けて欲しい。
日本人はあまりに知らないと思うのです。海外の人達の、あの狂信的とも言える感覚を。ごく普通の気の良い青年達が、私達日本人とは根本から異なった考え方をすることを。文化や宗教の、超えられない壁があるのです。日本人の常識や善意は通じないことがあること。彼らには彼らの大義があること。
テロ実行犯の瞳を見れば分かる。駒になるような青年達は実に澄んだ瞳をしているのです。彼らを操る上層部は穢れた瞳をしてますけどね。
純粋な良き青年達を利用するのはいつの時代も同じですね。だから現在の日本の青年達は適度に穢れていて良いと思う。誰かの言う事を頭から信じ込まない懐疑主義的態度が必要だと思う。
実は現在、若い頃ほど頻繁にインドやバングラ系の人々と交流していないのです。超えられない壁、に私が沈黙したというのが本当のところです。
平行線ですね。こちらがあちらに寄れば平和に議論が進むのですけどね〜。私は無理。パキスタン人の旦那様がいる日本女性にお会いした時、彼女は旦那様の世界観を疑っていない様子でした。「全部アメリカが悪い、テロはアメリカのせい」という世界観です。彼女はイスラムに改宗までさせられていました。「イスラム教は押し付ける宗教じゃないからイスラム教になるのは形だけだよ」と言われたとか。私は内心で罵りの言葉を呟きましたわ。だったら改宗させるなよ。
うん、仲良くする秘訣は疑わずに相手を受け入れることですね。繰り返すけど、私は無理。
そんな視点で、今回のダッカテロ事件を見ております。今後どのように事態が推移するのか、見守っていきましょう。
2016年6月11日(土)
インド圏
あるツテで大使館パーティーにお招きいただき。
私みたいな仕事の人間には、非常に興味深い内容でした。混乱させてしまうかもしれませんが、インド文化はインドだけではありません。同じ歴史文化背景を持つインド圏というのがあります。それらの国々は第二次世界大戦後にインド本体から分離していった国なので、私達のような関係のない国々からすれば非常に見分けがつきにくく、結果全て「インド」でひとくくりにしております。あちらも場合によってはそれで良いような感じで、うまく利用しているといいますか、開き直っているところが見受けられます。
そして今回のパーティー、実質インド大使館がメインのパーティーなのですが「南インドの夕べ」と称して、インド(大親分)、バングラデシュ(子分)、スリランカ(子分)、ネパール(子分)の大使館が合同で開いた夕食会でした。インド圏最大のパキスタン(親分)がいない理由を聞くのは無粋てものです。
これらの国々が集まるというだけで、どうなるかは察しがつくというもの。
一応、以下のような進行表とメニューがあったのですが、予定通りな訳もなく。驚くに値しませんが仕切りのレベルはロー


立派なメニュー表です↑各国の代表料理が説明と共に出されました。
食事会がメインのはずでしたが、各国大使館の(グダグダな)プレゼンが続き、カンパイが予定通りに始まらず、先にスターターが振る舞われ、インドワインも振る舞われ、痺れをきらしたお客様、プレゼンそっちのけで勝手に乾杯して始めてしまうという。いかにもインドな感じ。インドワインは、その存在は聞いておりましたが、かつて飲んだ記憶がない?かも。

赤を2種類出されまして、最初の一杯はまあ、うむ。ボージョレ―のヴィラージュのよう。2杯目は写真もなく、アララの一口で終了。むか〜しの山梨ワイン的な。
インドのワインはまだまだ、伸びシロがたっぷりある感じです。大使館員が仰るようにインドは将来の可能性に満ちたパワフルな国です!!


スターターはこちら↑
インドからポテト&アービチャート(手前、揚げ芋スナック)、ネパールからチュコゥニ(右上、ヨーグルトポテト)、バングラからシンガラ(左、サモサ)、スリランカからフ―デ―(中央、豆スナック)。
メインはインドからチキンビリヤニ、ローガンジョシュ(カレーソース)、ラエタ(ヨーグルトサラダ)↓

ネパールからセルロティ(揚げパン)、ブトゥワ(スパイシーマトン)、バングラからマッチェルジョ―ル(白身魚カレー)、ベグンバジャ(ナス焼き)


スリランカからアーッパ(ココナッツ生地のクレープ)、シーニサンボール(干しエビソース)

デザートはクルフィー(アイス)、ジャレビ―(インドプレッツエル)、ミタイ(スイーツ)


さすが大使館主宰なだけに、ジャレビ―が見られたのは嬉しい驚きでした。日本でお目にかかることは、まずない。希少品、素晴らしい。美味しいかどうかは?
バングラ大使館のミタイは手作りです。上のパニールのものが大変美味しかった。奇跡的に甘すぎず。手作りならではの味加減です。
バングラデシュ大使館がこれを提供したのは流石だと思いました。バングラデシュは東インドに位置し、その名の通り99%がベンガル人の国です。ベンガルは東インド文化そのもの。インドの東部コルカタは西ベンガルになりまして、東のバングラデシュとあわせて1つの地域となります。東インドの特徴は海、山、川、大地が揃ってますので、他地域よりも食文化が発達していることです。特にバングラデシュはイスラム教徒の国なので食材が豊富に利用できます。日本人の口に最も合う料理と言えましょう。甘味類の種類も豊富です。
なので、私が最も好きなのは東インド料理、それからラジャスタンやグジャラートなどパキスタン寄りの北西インド料理です。北西インドには独特の魅力がありまして、王侯貴族文化が最高に面白いのです。
インドとインド圏は多面的な魅力に溢れた国々です。
日本人とは相当キャラクターが異なりますが、その文化と歴史の魅力をより多くの日本人に知ってもらうべきだと。心から思います。
なので、インドの政府高官の方々には、闇雲にインドの魅力をグイグイと他国にアピールするばかりでなく、日本人が安心安全な気持ちで旅行やビジネスができる環境づくりに勤しんでいただきたいと思います。その為に、国内の社会問題の解決にもっと力を注いでいただきたい!
よろしくお願いいたします!
2016年5月8日(日)
宮廷料理
無性に食べたいな〜と思うインド料理の中に、ビリヤニがあります。かやくご飯が好きなんですよ。
私の記憶の中で最も美味しかったのはデリーのタージマハルホテルのVarqのラムのビリヤニです。
こちら↓

ビーカーというか、金魚鉢みたいな器に。斬新な盛り付けですよね。お洒落な店だった!
インドの高級レストランは、日本人が思っているよりも、ずっとゴージャスで近代的、お洒落です。
日本にVarqレベルの店はありません。
インテリアもメニューもサービスも全て揃ったインド料理店は、東京にはありません。デリーかムンバイに行かねば。
最先端のいけてるインド料理を食べたいなら、インドに行くしかないのです。本物の寿司を食べるなら日本に来るしかないように。パリでは無理な話。
それでも、たまに、宮廷料理が食べたくなった時に、思い出して行くのが、青山のシターラです。
ムガル宮廷料理を食べるなら青山のシターラで!
繰り返すけど青山店!限定です。
品川とかの支店には期待しないように。
面白いメニューが揃っている店です。キノコのビリヤニ(上写真)ダンサックのスタイルで。
牡蠣カレーやジビエ料理もありました。栗のガレットもありまして、本当に面白い。
それに、ベジタブルの焼き物がとても良かった。


食前のチャース(香草入りラッシ)も良かった。こういうものがあるところが本物だと思う。

デリーの一流レストランに行きたくなる〜
インド料理でありながら、日本の高級フレンチをも凌駕するほどの高級感とサービス、華やかな客層、インド独特の煌びやかな世界があるのです。
インドの庶民的な街食堂も面白いですが、我々のような日本女子がリラックスして食べられる雰囲気ではありません。不潔、不快を覚悟するならば、どこでも食事できますけれども。旅行先によってはそうせざるを得ない場合もあります。私はGを見たくないけど、そういうところではわんさか走ってることが多いのです。
インドでも、高級店ならそういう心配はありません。
やはり、どうせならインドでは高級レストランばかりを巡りたいです。どんな高級店でもチャージは日本より安いか同じくらいですから。高級ホテルの値段もヨーロッパよりもずっと安いので、せっかくインドに泊まるなら高級ホテルです。
大都市滞在の場合、外のPM2.5などに汚染された空気を一日吸った後で、空気が浄化された高級ホテルのロビーに入った瞬間、ああ〜いいホテルにしてよかった〜と。心から思います。
キレイな空気は普通ではないのです。空気がキレイな日本は素晴らしい国なのです。発展途上国の大都市に行ったことのない人には、汚い空気というものが理解できないと思います。マスクをしていても耐えがたい大気汚染が常態の国々があるのです。
ダッカとコルカタと冬場のデリーは最悪。汚染度は中国以上と言われています。田舎の方はまた違いますけども。人の雰囲気も若干穏やかになりますし。
インドは地方旅行がおススメ。でも、レストランなら大都市。私は大都市で2泊か3泊して話題のレストランを駆け巡ってから、地方で2泊くらい観光して、ダッシュで帰国します。
今年の秋もそんな感じで。そろそろデリーで話題のレストラン探しをはじめようかな。
2016年4月14日(木)
お気に入り
今一番好きなインド圏の料理屋はバルピパルです。
メニューにインド料理もありますが、正確にはネパール料理屋さんです。こういうお店では、その店の専門の料理を食べた方が間違いないです。
バルピパルは再開発で武蔵小山から西小山に移転して、復活に少し時間がかかりましたが、現在は再オープンしています。火曜日が定休になりました。
スープモモ(写真上)が好きで、久しぶりに食べることができて良かったです。新しいメニューも増えてますが、ネパール料理なので、大きな期待は禁物です。
素朴で美味しい、がネパール料理だからです。インドの北西や東の料理のような、素材や調理法の豊かさはありません。どちらかと言えばインドの南、スリランカ料理にも似た素朴さがあります。チベットや中国にも似たものがあります。

店の造りは結構凝っていて、以前の店の雰囲気を踏襲している感じです。場所は西小山サミットの前、ずっと以前は喫茶店でした。もう長い間、営業をしていない場所でした。我が地元なもので、ここで7歳の頃、ミルクセーキを飲んだことがありますよ。
以前の飲み屋街の中の店と比べて、雰囲気は特別良くも悪くもないので、違和感なく、大丈夫だと思います!スタッフは店長含め相変わらずです。

しいて言えば。若干量が少なくなりました。値段は以前をよく覚えてませんので何とも。
真鍮の素敵な食器を揃えていて、こだわりを感じますね。高級店にしたいのだと思います。
お酒がそろってますので、飲みに行くにもよいかもしれません。
何より喫煙席が廊下側の隔離された場所に設けられ、分煙を心がけているのがよい。
夜ならば窓がないのも気にならないし。
この店はネパール料理屋ですから、うっかりインド料理を食べないように。
モモ注文はマストです。あとは、気になる名前の料理を選んでみて。ここは、聞いたことのない料理ばかりだと思いますよ。分からなければダルバート食べればよいし。ダルバートにナンを選ぶことができるようになってますが、絶対にライスで。ネパーリはナンとあうカレーじゃないから。巷にある分かり易いレストランのインド料理とは違います。もっと家庭料理に近いといいますか。サラサラ系の。
汁っぽいカリーに関して言えば、私は北西インドや東インドの料理が好きです。リッチなのが好き。
ネパーリはサイドディッシュが良いですね。チャーハンのようなフライドライスも美味しいですよ。麺とかもありますし。
気になる方。どうぞ、行ってみてください〜
2016年3月26日(土)
マリーゴールドホテル
イギリスとインドの合作映画をご紹介!
どちらかと言えば主にイギリス映画ですが、ロケ地とキャストの多くがインド人なので、新しいタイプのインド映画と見ることもできるかも。
「マリーゴルドホテルで会いましょう」に続き、現在「マリーゴルドホテル2」が公開中です。
イギリスの経済難の老人達が余生を過ごす場所に、コストの安いインドの(自称)高級ホテルを選ぶというところから物語は始まります。
主役はご老人達です。このキャストに、マギースミスさんとペネロープさんが入っていたので鑑賞しました。このお二人は私がドハマリしているダウントンアビーの主要キャストなのです。なので、私はどうしてもその視点からの鑑賞となります。
1では、元裁判官のご老人が、インドに来た目的を果たした後に満足の中で、心臓発作で亡くなります。彼はゲイで昔インドに住んでいた10代の頃のインド人彼氏を探しにきたのです。彼に不義を謝りたかったから。イギリスでは普通に映画の中のエピソードに使われるくらい、リアルなのでしょう。
公開中の2は、その後の残りのご老人達を描いています。
撮影場所がインドですので、映画としては完璧にインドです。ジャイプールの街が舞台ですし、インド人登場人物のキャラ設定からしても、何かにつけて歌と踊りがあるのも。インド人のヒロインは容姿も性格もとてもカワイイのですが、ヒーロー?の男の子が外見もキャラもイマイチすぎて。そういう役柄なんですよね。
「本当は人がいいのが取り柄」みたいな設定です。可愛いヒロインは、彼に酷い態度を取られても、もっとお金持ちのイケメンが来ても、決して彼を見捨てないで最後はハッピーエンドという。誰の夢?か分からないような筋書きでした。
イギリス人の脚本家がこの筋書きを書いたなら嫌味だと思えなくもないし、イギリス人視点で見るなら問題ないかもしれないし。
インド人の描き方が微妙なんですね。ヒーローであるインド人のホテル支配人を「本当はいい子」かもしれないけど「軽薄で浅はかで場当たり的で差別的でキレやすい」典型的インド人キャラクターにしたのはどうしてだろうと思いました。人としてヤバすぎる言動をするキャラですからねぇ。
それとも日本人には共感できないだけで、イギリス人は違うのでしょうか。
ご老人達の恋愛事情は興味深く見られます。
欧米では高齢再婚が多いのですが、日本もいずれは同じようになるのかもしれません?
何にせよ、純粋なインド映画とは言えませんが、インドの雰囲気を楽しむには十分な映画です。
ゴージャスな結婚式のシーンも満載、歌と踊りが延々と続きますが、キラキラしたのが見たい方におススメ。イギリス人視点のインドを見るのにもおススメ。
ダウントンアビーもそうですが、イギリス人というのはかつて相当お高くとまっていた人々でした。世界を支配していましたからね。傲慢になるも仕方ないですね。今はその力を失ってしまった、というのが現実として描かれています。
日本人には旧植民地諸国を舞台にしたこういう映画は絶対に作れないと思う。深刻な感じになってしまうだろうから。
そう。イギリスはユーモアの国なんですね!ギリギリのところまでOKなんですよ。
脇役でリチャードギアが渋いおじさん?役で出てました。インド人ヒーローの美人な年配のお母さんとラブラブになってました。
不思議な映画だったわ〜。
2016年2月23日(火)
インドに想いを馳せる
2014年のデリー・ウダイプールの旅は本当に良かったです。私の旅はグルメ旅ですから、ひたすら食べまくる訳ですが。前回は、デリーで話題の現代インド料理レストランで、日本でもフランスでも見たことがないような斬新なデザートに出会えました。
上の、こちらのデザート、また食べたいNO1
下の素材、インドの駄菓子がベースになっているのですが、ピスタチオのアイスクリームとマリアージュして最高でした。さすが!
2016年、今年こそ再びインドへ行く年なり。
今回の目的地はダージリンです。憧れの地〜
宿泊先はウィンダメアを考えています。ウィンダメアこそダージリンを体現していると言われてます。英旧植民地の時代そのままのイギリス式の建物やホテル自慢のアフタヌーンティーなど、どうしたって行きたい!タイムスリップをしたいです〜
私はこれまで、アッサム+シレット、スリランカの茶園に滞在しています。2002年の大晦日、シレットでは茶園のマネージャーのコロニアルバンガローに泊まるという奇跡の体験をしました。100年前の植民地時代が甦ったような場所でした。豪華さと不便さが入り混じった衝撃の昔体験でした。水とお湯が水道から出るのは当たり前ではなく、現代生活のおかげなのですね。
さすがに、二度行く事はできない場所です。怖いモノ知らずの若い時にしか。。
2011年のスリランカではヌワラエリヤのティーファクトリーホテルに泊まりました。ある意味最高?ここもまた、旧植民地時代の名残が色濃く、ちょっとした昔体験ができます。支配階級と労働者階級の区分けが現在もがっちりとあり、在りし日の茶園の生活(現代も同じ)を見ることができます。標高が高く、コロンボから車で行きますので、辿り着くのが大変な場所です。いろは坂みたいなのが延々と続きます。車酔いしない方におススメ。私は二度行けないかも。。
ダージリンはどうでしょうか。最寄りの空港は山のどのあたりまで行っているのでしょう。現地までは行きやすいのか、それとも相応の困難があるのか。。紅茶の産地としては最高の場所と言えます。恐らく大昔から避暑地として、他のどの茶園エリアよりも栄えていることだと思います。今も観光用ですがダージリン鉄道が走っているんですよ。一度は乗ってみたいです。
と、今インドに熱い視線を向けて。
今日のインド関連ニュース。
デリーで1000万人が断水。カースト間闘争の結果、ダムが一部破壊されたらしい。水は重要なのにな〜。
今デリーにいる人は、ちょっと大変ですね。しょっちゅう停電が起きるのも困るけど、断水はもっと困りますよ。インドはインフラの整備が遅れているから。
ではなくて、今回は暴動の結果のようです。
下位カーストに対する優遇政策(大学入学、公務員や議員など、優先的に割り当てられている)に上位カーストのジャートが暴動を起こしたそうだ。自分達にも優遇政策を!と。
優遇政策の意味が分かっていないかのよう。下位の人達の社会的地位や経済的地位を上げるための政策だから優遇政策なんですよね?
インドは国としてカーストなどの差別を認めていません。インド憲法は建前としては平等なのです。しかし実際にはインドの階級差別は酷いもので、カーストやヴァルナと言われる差別や区別が数千にも分かれていると言われています。その中でも上位、中位、下位とおおまかに分かれていて、下位の人々の生活は貧困そのもの。それが人口の50%と言われています。
それを現代国家らしく是正するための優遇政策が、結局のところ逆差別を生むこともあり、そして、今回のような暴動に至ったのでしょう。しかし、ダムを破壊するとか、相変わらずやることが過激過ぎ。インド人、興奮すると何するか分からない怖い人達です。
インド人の友達が言っていたのですが、もしインドで311のような大地震や津波が起きたら人を殴ってモノを盗る人が続出するそうです。普段は普通の社会人でも、パニックに襲われると暴動と窃盗をしてしまうそうだ。ついでに女性は性的暴行も受けるそうだ。
なぜか?奇妙な群集心理が働くらしいです。
ダッカの友人を訪ねる予定の時に、ちょうどホッタ―ルという政治的暴動が起きて、行先をデリーに変えたことがありました。曰く「普通の人が普通じゃなくなる時だから今は来ないで」と。
他にも、イスラム圏が断食の最中と直後も、観光には適さないそうです。空腹で苛ついている人が多い時と、断食明けのハイな時は、犯罪が多発するそうです。
そうはいっても、今回のデリーのように、いつ何の暴動が起きているか、予測つきません。テロはもっと予測つきません。
ただ、私が旅行を計画する予定の今年の10月、何事も起きないことを願うばかり。
ダージリンの観光に適したシーズンはオータムナルの最後の茶摘みの10月がベストだと思われます。やはり、私としては茶摘みの時期に行きたいので、となるとオータムナルの時期しか快適な滞在はできないのです。ダージリンは標高2000メートル級ですから、夏でも朝晩は寒い位ですが、デリーは旅行の季節を選びます。酷暑の時期と雨季は避けたいですね。
インドは、その長い固有の歴史と文化、そして近代の植民地時代の歴史と文化が、それはもう、素晴らしい国です。観光する場所は尽きることなくありますし、料理も東西南北、伝統的なインド料理から現代的なインド料理まで、飽きる日は来ないと思います。
マック(マクドナルド)さえも個性があるのはインドならでは。インドマックのベジタブルバーガーは、日本人になじみのあるカレーコロッケバーガー、面白いから食べてみる価値あり。
ぼちぼち、デリーの最新食事情をリサーチしよ。
2016年1月28日(木)
期待値
何事も、期待値は低く設定する方がいい。と、経験から思うようになりました。特に評判の○○などにはご注意を!口コミや他者の評価などあてにはなりませぬよ。
何の話をしているかと言えば。レストランのこと。
ここはインド料理教室のサイトですから、東京のインド料理屋の話をしましょう。
私が都内のインド料理屋に精力的に通っていたのは、もう10年以上前の事です。
10代の半ばからインドとインド料理にはまり、インド人料理師匠の門を叩いたのは非常に若い頃でした。
初めてインドへ渡航したのも20年くらい前のことになります。以来、機会を見てインドおよびインド圏へ通う事、二桁を超えました。フランスに行く合間に、2年に一回訪問のペースを、現在も守るようにしています。
インドにはまった初期の頃、都内のインド料理屋を食べ歩くのが趣味でした。最初は何も分からずに。
インド料理を学ぶうちに、日本のインド料理屋の料理は偏っていることに気付くようになり、そして、そもそもインド人よりネパール人やパキスタン人の店が多いという事実にも気づくようになり。当時はよくボーイのお兄さん達にインタビューしていました。どこから来たの?いつからいるの?どうやって生活しているの?家族は?時給はいくら?と。まるで何とかGメンのように。ペラペラと身の上話をする人の多かったこと。。
例えば、目黒のインド料理屋タン○○○で働いていたボーイ君はネパールから学生ビザで来て、給料は一月7万円で賄いつき、10人以上でシェアハウスし、一月5万円を家族に仕送りしていると言ってましたね。
渋谷のインド料理屋マン○○のオーナーが言うには、日本人と結婚してお店を出して、前は不法滞在だったけど結婚でOKになって、でもその後離婚して、でも今は大丈夫。とのことでした。ちょっと意味不明?何となく、状況のニュアンスは伝わりましたけど。
他にも、たくさんこの手の身の上話を聞きましたよ。知り合いにも複数人、そういうカップルおりましたしね。
同時期に、パリにもよく行くようになりましたので、現地の日本料理屋のメニューを見て、滅茶苦茶だなと。そもそも日本人と同じ顔をした別の国の人、例えば中国人や韓国人やカンボジア人やベトナム人が経営していることがほとんどでしたから。彼らは日本料理なら良い商売になると知っているから日本料理屋を出しているのです。そんな動機でやってますから、まともな日本料理ではないのです。
寿司とヤキトリのセットが10ユーロとか。
パリに行く毎に、そんなナンチャッテ日本料理屋を白い目で眺めながら。。
ある時、ハッと気づいたのです!
日本にあるインド料理屋、まさにこれだわって。
リンクした!
日本のインド料理屋は。経営しているのがインド人だろうが、ネパール人だろうが、パキスタン人だろうが、バングラデシュ人だろうが、スリランカ人だろうが。ナンとチキンカレーで勝負しているのです。
その事に気づいて。あまりにも適当なインド料理屋ばかりであることに痺れちゃいまして。
もう、インド料理屋巡りは終了。同じお金をかけるならば、日本人シェフのフランス料理屋の方が本物です。日本人は真面目に現地で修行をして完成度高いモノを作り上げる力がありますから。日本のフランス料理はナンチャッテではないですから!
本物の、ちゃんとしたインド料理。っていうか、インド料理は大雑把すぎる表現で、インドとインド圏はその地方で料理が違うので、その地方や国の料理を食べたければ現地を旅行するに限る。が、私の現在のスタンスです。
日本で気合いのないインド料理を食べる気は、最近は滅多に起きないのです。限られた店だけ行きます。
そうは言っても、たまに、期待を持って噂の新店に出かけて。裏切られることの繰り返しです。だから、期待値は低くね。
ちょっと評判だった新橋のカーン&○○○に行きまして、しょっぱなから上の写真のサラダで脱力。
サラダの上の白いもの、パニールならぬ豆腐。もーーー乗せなくていいよ。ラッサムは普通でした。

ここはビリヤニが売りですが、二度食べたいビリヤニではない。残念でしたね〜。ぜんっぜんダメ。
インドに行きたいなぁ、と。前回タージのレストランで食べた美味しいビリヤニが思い起こされる。。
これで食べロ○の口コミ評価は高いのだからねぇ。もう勝手に商売してちょうだい〜。
年が明けて、新大久保にネパール人街が出来たと聞きました。ネパール料理屋の出店ラッシュだそうだ。H様とざっとハシゴ。
ソルマリ→ナン○ロ→モ○



新しい店が多いけど。ちょっと、もっとやる気出してくださいな!特にモ○!ロティ(チャパティ)は市販の小麦粉のトルティーヤだし(近くの業○スーパーで買ったでしょ!)、Gの兄弟が壁をゾロゾロは飲食店としては絶対ダメ。真冬でこれ、夏場が怖すぎます。
この東京で、日本人相手に商売をしたければ清潔第一。ここはインドでもネパールでもないのだから。
その点、ナン○ロは店内はとても綺麗。しかし、料理がね〜。ネパール料理からインド料理、しまいにはキムチとかフライドポテトまであるという。
味も、気合いなすぎ。しかし流石に(新大久保のネパール料理屋街にしては)キレイなお店だけあって、女子率高く。満席の大賑わい。
確かに。人を連れて行くならば、ここですね。普通の日本人のお嬢さん方連れて行くなら、味はもう。どうでもいいし〜ナンがあれば。。。
それで、一番お料理が良かったのがソルマリだった訳です。味付けは。私のお気に入りだった武蔵小山のバルピパルに似て。きっちり。ネパーリ。バルピパルの残念な部分だった、シェフが慣れてない(つまり美味しくない)下手なインド料理をメニューに出すこともないし。潔いこと。
しかし、入店には高い壁。ならぬ。そびえるような外階段を登らねばならぬ。アンチバリアフリー。アンチフォージャパニーズな雰囲気。っていうか、この建物でよく営業許可が下りたな。
ネパール人のお客様ばかり。ジロジロと見られること。まるでインド圏にいるみたいな気持ち。
あちらの国々の人々、本当に遠慮なく人をガンミするんですよ。店員さん達はフレンドリーで良いんですけどね。辛くないですか?と、どの店でもやたら聞いてくるのは、日本人の味覚をよく知っているからでしょう。
結果、日本人客が増えるほどに、味は本来の物から遠くにきてしまうという現象なのでしょう。
そう、本当のインド圏の料理というのは、日本人には刺激が強すぎるのです。スパイスを弱くしないと日本人の舌と胃腸には無理があるのです。
だから、日本のインド料理屋で、味付けに関しては誰の事も責める事はできないのです。
うちは料理教室だから、作り手の加減でスパイスを調整できます。私は濃い味が好きですが、生徒さんによっては軽く計る方々もいます。それでいいのです。和食も家庭では薄味にしたりしますね。しかし、外食にはしっかりした味付けを望みませんか?
私は、外食で腑抜けた味のインド料理を食べたいとは思いません。だから。滅多に日本のインド料理屋には行かないのです。
食べ歩きならインド圏に行くのが良いって。
ところで、ここのところ東京にネパール人増えてませんか。ただでさえ多かったのに。何か裏事情がありそうです。地震が関係しているのか?
新大久保のスパイス屋ではスパイスを買いました。
500gのガラムマサラが850円。500gのカイエンヌペッパーが650円。妙な価格設定です。普通、ガラムマサラの方がずっと高いのです。ちなみに値段を表示していたのはガラムマサラのみ。カイエンは不明のままお会計しました。
この場合、ガラムマサラが安すぎるのか。はたまたカイエンヌが高すぎるのか。考えようです。
スパイス屋で思い出しました!
西小山に新しいスパイス屋ができました。もとは洋裁店だった場所。セリちゃんというカワイイ柴犬が看板犬だったお店で、昨年閉店してしまって私は悲しんでいました。それが。びっくり。ネパール人のスパイス屋に変身です。この店の近くに、バルピパルが移転してますから、もしかして系列店とか?関係者かもしれませんな。私のお気にのバルピパルさん、西小山のサミットのお向かいの元喫茶店だった場所で再開店するそうです。楽しみですね!
武蔵小山の時代のような内装でやるのでしょうか。
とても綺麗なこだわりのある店でした。高級路線を目指していましたね。今度も似たような雰囲気の店になるといいのですが。
私はバルピパルさんの真鍮のダルバートのセットのお盆と器が気に入ってました。いいものを使っていましたよ。どうせなら高級品で食べたい。同じ料理も違って感じます。
外食でステンレスは嫌です。真鍮か銀か陶器かガラスで出す店しか行きたくないです。ああ、本当にうるさく細かく要望してごめんなさいねぇ。
だけど私はインドでは絶対に真鍮か銀か陶器かガラスで出すランクの店しかいかないのです。せっかく遥か南アジアまで、飛行機で10時間以上かけて食べに行くのだから、場末の食堂には行かないです。
私はインドでは中、高級店にしか行かないです。
食事に関して、バックパッカー族の口コミはあてになりません。安い食堂しか行かない人達に、インド圏の料理を語ってほしくないですね。
インド料理の神髄は宮廷料理と家庭料理にあるのです。下流階級の家庭料理ではなく、中流階級以上の家庭料理です。家庭料理には驚くほどの多様性が、そして高級ホテルで供されている宮廷料理の流れをくむインド料理には見たことのない贅沢?が。
一方で屋台や場末食堂の食事は貧しさと不潔さのパラダイス。Gの兄弟やミッキー族など当たり前〜。そのバックステージ、普通の日本人なら耐えられないものがあるでしょう。道端のチャイのショップの、延々と煮込まれた鍋と使い古された濾し器など見た日には、潔癖な日本女性は卒倒することでしょう。そのチャイを飲むことは、おそらくできないでしょう。私は火が入ってれば気にしないけど。
こんな凄い料理を食べている人もいれば、あんな酷い料理しか食べられない人もいる。それがインドです。
どこに行って何を食べようとするか、それは旅人次第です。
ベストレストランにリストアップされているデリーやムンバイのレストランなどは、期待を裏切らないことが多いです。インドで食べるインド料理なら期待値が高くても大丈夫!外国人観光客にとって日本で食べる日本料理の期待値が高くても大丈夫なようにです!
そういう訳で。
そうはいっても。近くに良いインド料理屋さん、ないかな〜。新生バルピに期待はしてますが。他にも近くに気合いの入った店ができないかしら。
このように、私の期待はどうしても高まるのです。何だかんだ言ってもインド圏文化と料理が好きだから。
インドよ。どうか日本でもっと頑張ってくれ〜
2016年1月14日(木)
インターナショナル?
はろ皆様、今年もよろしく〜
ラフなご挨拶で失礼いたしました。
インターナショナルがタイトルだったもので、ついインターナショナル風?に。日本ほど礼儀正しい国は少ないですね。
上の写真、目黒のインド料理屋マヤさんの画像ですが、私がこの店に行ったという訳ではありません。
実際に行ったのはこちらのハングリーヘヴン↓

このお向かいにマヤさんがあるのです。
ハングリーヘヴンは私のお気に入りのグルメバーガーショップで、目黒のお気に入りの一つ。
グルメバーガーが大好きなのです!!
不定期に各地のグルメバーガー店を放浪しています。12月末に訪問した自由が丘のベ●バーガー、昨夏アメリカから上陸した噂のグルメバーガーショップでしたが、コスパは悪いし味も×だし。口コミサイトの口コミ通りでびっくり。写真いれときましょうか。こちら↓

行かなくていいですからね!
行くべきは目黒のハングリーヘヴンです!
消化不良で年明け早速行ってきました。
さすが噂を聞きつけたか、最近は平日ランチタイムでも行列しています。行列の最中、暇でしょう?
キョロキョロと周辺観察。
まずはお向かいのマヤさんの看板に注目。写真を撮ってみましたが、肝心の看板が詳しく映ってないのが残念。面白いのに。
看板のmayaの上に日本語で小さく「インド・チベット料理」と書いてあります。そしてmayaの下にnouvelle nepali kitchenと書いてあります。そしてショーケースの中には右にネパール国旗、左にインド国旗、並んでいるのはネパール餃子(モモ)、マトンセクワ、タンドリーチキンなど。ちなみにmayaはネパール語で愛。
以上から読み解けることを端的に述べる。
この店はネパール料理屋です!
ややこしいなぁ。インドは分かるけど、何故チベット料理と名付けたのかしら。どうせなら日本語で「インド・ネパール料理」ってすればいいのに。下段の英語の部分で「現代ネパール料理」とはっきり言っておきながら。英語表記しか分からない人向けなのかな。
謎の看板ですが、ネパール人の店はほとんど同じ感じです。ネパールインド料理かインドネパール料理か、どちらにしてもインドをつけます。そうしないと集客できないので。パキスタンもスリランカもバングラデシュも同じことです。インド圏の料理はインドを名乗らないと日本人には理解されないのです。
あまりピンとこないかもしれないのですが、この看板の面白さは半端ないのですよ。
例えば、フランスにある中国料理店で、「愛」という漢字の看板の上段にフランス語で日本、韓国料理と書いてあって、下段に英語でnovelle chinese kitchenと書いてあって、ショーケースに日本と中国の国旗が掲げられ、寿司、天ぷら、エビチリ、麻婆豆腐が並んでいる感じです。
インターナショナルだな〜と感心して眺めてました。
マヤさん、今度行ってみようかな。。
それでもまだ行列の順番は来ず、次にハングリーヘヴンの観察に移りました。
英語表記が増えている!メニューも全部英語になっているし、TAKE OUTと大きく書かれ、下にはハンバーガーテイクアウトできますと日本語で。
テイクアウトねぇ。
英語メニューを眺め。。う〜む。惜しい。
と思っていたら、目の前の女子大生二人が「ちょっとこのスペル間違ってるし〜誰か教えてあげればいいのに〜」と笑いこけ。英語の得意そうな女の子達だったなぁ。ずっと就活の話をしてましたよ、「海外勤務は国によっては絶対嫌だ」とか「国内も地方は嫌だ」とか。それは正直な意見よね〜でも仕事だよ君達〜なんて思いながら、英語メニュー見てたら、確かにスペルミス多し。mが一つ足りないよ、とか。そういう感じ。そもそもテイクアウトじゃなくてツーゴーか、せめてテイクアウェイじゃないのか。
高校時代にアメリカにいた時、to goしか使ったことがなかったですが。実際はどうなんだろうか。
英語も国によって言い方が違いますから、分かりませんけどね。スペルも変わることありますし。
インターナショナルな英語表記ってことで、何でもありかな。メニューのどこかが一文字くらい違ってもどうってことなし?
長い待ち時間の末、ついに入店可。
ハングリーヘヴンインディアを食べながら、相席のお客様方を観察。1人の時は、周囲の人間観察をするのが趣味なんで。
目の前に白人男性と日本人女性のカップルか同僚。日本人女性が猛烈に喋っていて、白人男性が眠りそうになっていたのが印象的。その向こうにも白人男性と日本人男性の組み合わせ。アマゾンの社員達かしらね〜目黒のランチタイムは彼らで溢れている。
白人のパパに日本人のママにハーフのお子様という家族連れもいたし。
ハングリーヘヴンは本当にインターナショナルだ。
っていうか目黒がインターナショナルなのか?はたまた、日本全体がついにインターナショナルになってきたのか?そういえば最近は、どこでも外国人を見かける。この武蔵小山にも外国人個人観光客の姿があります!東急線にも旅行者が乗ってきますしね。
お店のメニューもどんどん英語表記していかないといけないのですかね。
旅行者の為に英語表記は必要と思います。日本で働いている外国人はもっと日本語をできるようにならないとダメですけど。
高校の英語の先生達は来日10年でも日本語がほとんどできなかったですね。あんな風では彼らが異邦人のままなのは仕方ないことだと思います。
あの人達は仕事で仕方なく来ていたのだろうな、と。今なら分かります。あの女子大生達がインドネシアに飛ばされた感じですかね。一方で、大学時代のフランス人の先生は雨月物語を原文で読んでいましたし。
まあ、いろいろな方々がいらっしゃいますね。
英語、最近使わないですね、旅行行く時くらいしか。インドの友人とも滅多に交信しないし。私は筆不精で、日本人相手でも外国人相手でも、変わるものではないのです。フェイスブックもSNSもやってないし。
またペーパーバックでも読み始めようかな。面白い作品だと本当に勉強になるし。特に言い回しとか。
真のインターナショナル到来に備えよう!?
2015年12月31日(木)
良いお年を〜
今年もお世話になりました!
来年とは明日のことで、区切りをつける意味があるのかないのか、疑問に思う近年であります。
教室業をやってますと、色々な職業の方にお会いしますが、この世には盆も正月もない職業がたくさんあると知りました。空港鉄道関係など、今働かねばいつ働くか!ぐらい稼働しているようです。そこに付随する業種も同じく忙しいらしい。
就職してからお正月に実家に帰ったことがないという人々もたくさんいるのですよね〜
実家が蕎麦屋寿司屋神社仏閣の方々など、年末年始は手伝いに駆り出されるそうです。それもまた、実家に帰れないのと同じくらいどうなのよ。って話です。
私の仕事は幸いにして、クリスマスが忙しさのピークで、あとは普通に年末年始はお休みできますので、良かったと言えましょう。
私の来年の抱負は〜
抱負って、漢字で表すとイマイチな意味っぽいね〜
負けを抱えるって読めるけど、負は負けではなく「負っている」ということらしい。
心に抱いている思い、決意、とか。
インドに関して言えば、インド料理が日本で、もう少しメジャーな地位を取り戻すことを願う。インド料理教室の繁栄に関わるので。「踊るマハラジャ」を面白がっていた昔の日本に戻りたい(涙)
日本人は怖い民族です。一瞬のブームがあったとしても、対象を知れば知るほど、全てを静かに冷酷に判断します。
料理の場合、インド料理、フランス料理、イタリア料理、中国料理、韓国料理、日本料理のように、国の名前が冠に付きますので、その国のイメージがモノを言うところがある。その国のイメージがポジティブであれば好まれますが、一度、日本人の気持ちを不快にさせようものなら、その●●国は料理ごと無視されるという可能性が高いのです。
政治と文化が=なのが誇り高い日本犬。
餓えても敵の飯は食わぬ!の昔の?柴犬みたいな。今の柴犬は駄目だけどね〜
10年前のインドのイメージは良いものでした。神秘の国、カレーの国、暑い国、ターバン巻いてる、マハラジャがいるの?カースト制があるんだっけ?。そんな程度で。概ねポジティブなイメージを持たれていました。
カレーも日本人好みだったし。結構、いい路線で一般人にも受け入れられていたのですが。
近年、インドのダメなイメージが広がっています。インターネットのせいです。
最近、皆様から聞くインドのイメージ、レイプが酷いとか、大気汚染が激しいとか、そんな反応が多い。
こちらはインド料理教室ですからアレですけど、表側の教室では「インド?えーーやだ〜」って感じなのよ。ほほほ。イマイチな反応だわ。。インドがヤバい国であることが、普通の日本人にバレてしまったようだ。。
私はインドの神様のように顔が複数あるから、グルグル顔を動かしてますけど、インドの顔が残念な顔になってしまうのは否めません。
草の根活動が大切、初心を忘れずに。
望む人がいれば一人でも二人でもレッスンをしよう!そして新しい媒体(クックパッド)を利用して地味に宣伝するのみですよ。
スパイス文化は素晴らしいのですから。
インドの文化も素晴らしいです。インド人がどんなにアレなとこがあったとしても、その歴史と文化と料理は知るに値するし、その国を旅するだけの価値もあります。と、私は思います。
来年は、またインドに行きたいですね。今年の初めの頃に考えていたダージリン方向が抱負にあります。
第一にダージリンの茶園に行く事。それから東インドの料理を食べに行きたい。となれば、コルカタかな〜デリーも行きたいですけどね。最新のレストランに。
茶園はシーズンがありますので、ちょっと考えてみようっと。
では、皆様良いお年を!そしてまた来年もよろしくお願いいたします!!
2015年12月7日(月)
EU
私の海外出張研修の頻度は2年に3回。2回はヨーロッパ、1回はインド圏です。そうやって、たまに世界を覗きに行くと日本国が鮮明に見えます。
先月末にヨーロッパ(ローマとベネツィアとリヨン)に行ってきまして、尻に火が付いた欧州を見てきました。
一言で言えば「崩壊しつつある」。
都市部では、臨戦態勢のように軍隊や警察の出動があり、シェンゲン協定があるはずなのに国境管理は厳しくなって、ローマもリヨンも、いつものようにはイミグレをスルーできません。どの国の人間のパスポートも渡航歴のページをじっくり見られます。荷物検査や職質も各地で行われ、何より一般人の顔色が違う。
今回はローマとリヨン=フランス第三の都市に滞在しましたが、嫌な光景をいくつも見てしまいました。
リヨン空港から市内に向かうエクスプレスの中で、リヨン人と思われる旅行帰りの老人がアラブ系旅行客4人組を見るなり指をさして怒鳴り、重いスーツケースを引きずって隣の車両に行ってしまったのを見た時、ついにここまで来ているのだな、と思いました。
アラブ系旅行客は2組の夫婦で、奥さん達がスカーフを頭にかぶっているので、彼らがイスラム教徒であるとすぐに分かります。単なる中東からの観光客に見えましたので、今の時期フランスを旅先に選んだのが不運だったということになるのでしょう。
リヨン中央駅(パールデュ)では、シリア難民っぽい女性三人が赤ん坊を抱え、ジプシーのおばあさん達と並んで地べたに座り込み、駅の出口付近で物乞いをしていました。通る度に手を差し伸べられ。その向こうには自動小銃を抱えたフランス軍が改札付近を警戒しているという。酷い光景ですね。
リヨン駅の線路沿いの寂れたエリアには、移民2世と思われる中東系やアフリカ系の不良少年達が奇声を上げてたむろっている光景が見られます。パリの北部で見られる光景が、リヨンにもそのまま。
ヨーロッパの変貌は、現在のところ、どう見ても劣化としか言いようがありません。
第一世界と第三世界が混ざって混沌が生まれています。インドに良く似た混沌です。インドの場合、数千年の間、同じ場所で変わることのない混沌なのですが、EUの場合、かつて、くっきりとした美しく平均的で調和のある個性溢れていた各国が、その形を歪めて恐ろしい混沌に陥っているという印象です。
移民政策の失敗?これはEU自らが始めてしまったのは明らかで、今後この始末をどうするのだろうか?と、日本人は顔をひきつらせて見守る感じです。
EUはリベラルが支配しています。排他的な政策を掲げる極右は野党で、人道主義や多様性を容認すリベラルが各国の中枢を担っています。ました。
ヨーロッパは小さなアメリカのような国々になることを目指していたのでしょうか?白人人口が減る中、経済活性化や国の活力を上げるためにアフリカ系、中東系、アジア系をどんどん受け入れて、コスモポリタンになることを夢見たのでしょうか?
その結果が、今のヨーロッパの事態なのだとしたら、リベラルの現実はコレだということになるのでしょうか。共産党の美しい理念と現実が乖離したように、リベラルの美しい理念と現実も、やはり乖離するのでしょうか。美しい事を云うは易し行うは難しなのか。
ここで、果たして揺り戻しがあるのかどうか。EU各国で極右の政党が支持を伸ばせば、現状が急激に反転していくこともあり得ないではありません。美しいEUの理想は崩壊することになりますが。
その理想が各国の本質を崩壊させる方向に向かう事に、ついに気づき始めたのかもしれません。本来の自国の姿を自分達で壊すのか守るのか、瀬戸際に立たされているように見えます。
フランスが今のフランスでなくなって、フランスの大統領が中東系イスラム教徒になっても良いと「その時代のフランス人」が考えるならば、イスラムを国教にする日が来ても驚くことはないですね。土着民族であるフランス白人が従来の権利を移民と分かち合い、場合によっては放棄するというならば、それは究極の博愛とも言えますけども。
そんな甘いフランス人ばかりではないでしょう。移民排斥を掲げる極右の国民戦線のルペンさんが支持率を伸ばしているそうです。お父さんのルペンさんは有名です、過激なファシストとして。舌禍が絶えず、娘の現党首のルペンさんが父親を追放したそうですよ。大塚家具みたいな事態が起きたそうだ。時代遅れの父親は切り離さねば組織が保てないのならば仕方ないのでしょうか。
一方、我が日本ですが。世界のメディアから見ると、日本は極右寄りの政党が政権を持っていると考えられているようです。私は現自民党は右寄りの中道と思っていたのですが、今回ヨーロッパから帰ってきて、「あ、ほんとだ。日本は極右が支配している国なんだわ」と納得したのです。フランスのルペンさんが取りたがっているスタンスをそのまま実践している国、はい、我が国でーす。
難民?移民?能力のある一部しか受け入れないよ!昨年の難民認定11人!イェイ!かっこいい・・・
人道主義や博愛主義や理想的な世界基準からすると、日本はカッコ悪いのかもしれません。が、皆様、考えようです。ヨーロッパはヤバいことになってます。日本の私達の安寧は、保守政策によって保たれているのは事実かもしれない。リベラルを推進して、欧米の人道主義を真似して、日本も移民や難民をどんどん受け入れるべきなのでしょうか?それは多くの日本人が望まない未来でしょう。ヨーロッパのような現実に直面した時、日本人はどんな態度を取るでしょうか。
今でもリベラルな日本人はたくさんいます。可哀想な迫害された人々を救おう!差別はいけない!人間は平等だ!と。私も若い頃、まだ世界を知らなかった頃、どちらかと言えば左寄りでした。
10代後半から、もう20年位、欧米、インドやアジアに出かけるようになって、現地の人達と交流するようになって、色々な事が分かってきました。
まず第一に、先進国と途上国では常識が異なる事。そして一般人のレベルが違うこと。途上国のエリートの常識は日本の一般人と同じようでも、その背景の宗教や習慣は全く異なる事。それぞれの立場からの意見があり、日本人から見ると理不尽で自分勝手な理論でも相手からすれば正当であること。素直な日本人の中には、相手の滅茶苦茶な理論に説得されてしまう人もいると思います。もっともらしいことを、強い口調で、実に上手く話す人々がいるので。
私は疑い深いタイプだったので、冷静に分析しているうちに、スタンスが徐々に中道になってきて、今では若干右寄りの保守になってきたように思います。私に理念の押し売りはできませんよ。変なお土産物はよく買わされてしまっていたけど。
2002年にダッカの友人(イスラム教徒でジャーナリスト)の家に泊まった時、彼女とその家族に囲まれて、911のアメリカのテロの話をしたことがあります。その時、彼女達は「テロは悪い事だけど」と前置きをしてから「弾圧を加え続け、最後にそうさせたのはアメリカだ!」という論理を展開し、「日本はなぜアメリカを支持するの?」「あなた達一般国民は騙されてるのよ、アメリカを支持する日本政府を本気で支持しているの?」と激しく迫られたことがありました。
最後には「第二次世界大戦でアメリカと戦った日本人なのだから本音は違うはずでしょう?(そう思いたい!)」という感情的な話に。要約すればイスラム教徒は本当は悪くない、平和主義なんだから。でも、その一部にテロをさせるほど追いつめたのは欧米、かつて西側と戦った日本はそれを理解できるはずだ。と。
中東やインドの人達の、日本人に対する期待値の高さは、戦後の平和的で経済発展した日本だけにあるわけじゃないようです。戦前の日本を異様に美化している。確かに、インド圏の人からすればそうかもしれません。日本の大陸進出の反射的作用でイギリスから独立した植民地諸国ですから、センキュー日本なんですよね。戦前の日本で独立戦争準備をしていた独立運動の闘士達も複数いますから。
いつの旅行だったか、とても親日的なインド人のガイドさんに「インドは東京裁判の時から日本の味方だ」と言われました。スリランカでもガイドさんから「日本は第二次世界大戦でもっとうまくやれば世界最強になれたのに残念だ、そうなってほしかった」と言われました。何と反応して良いものやら。苦笑。
今でもテロリストの自爆攻撃は日本語で「カミカゼ」と表現されています。欧米のメディアも使っている表現です。やめてほしいですね。トルコ風呂並みに失礼ですよ。しかし、特攻隊とテロが同じ精神で行われていると言いたいらしいです。自爆のアイディアは日本人から貰った!ということらしいですよ。天国に行けるくらい崇高な使命だと。
アンタと一緒にしないで!は、当事者(日本人)の意見。見る側から見れば、色々な意味で「同じ」ですからね。西側からすれば自爆テロの見本、テロリストからすれば正義を全うする手段の見本。
さて、ここでは日本人、沈黙です。これがいわゆる黒歴史と言われるやつでしょうな。。。
異文化、異宗教の人間の間では、活発な議論があったとしても、双方納得は絶対にしないので、いつでも話し合いは平行線です。
ローマでは、宿泊ホテルの朝食のサロンで口論がありました。スカーフを頭に被ったイスラム女性に、白人男性が議論をふっかけていました。2人とも英語圏の人間だと思います、訛りのない英語で話していましたから。白人男性がイスラムの女性にいきなり話しかけ、そこからテロの話題になっていました。白人男性はテロを非難し、イスラム女性はテロの背景にある欧米のイスラムへの弾圧の話をしていました。
私から見ればお約束の光景。当然ながら議論は平行線です。お互い自分達が正しいと主張して終了。
ふーむ。
日本人はこれらを見て何と考えるべきなのか。
とりあえず右寄りの政策のまま、日本国を日本国らしく保ってほしいと個人的には思います。
人口減に対しては、大々的に移民政策!とかではなく、留学や就職で日本を気に入って居ついた日本風気質を持つ大陸の人達に徐々に帰化してもらって、最後にはハイブリッドな(ラグビー的な?)新しい日本に移行していくのがいいのではないかと。世界には日本風の気質を持つ一派が少数おりますので、何がしかのオタクとかね、そういう方々にどんどん来てもらうのがいいのではないかな。
など、つらつら思った旅行でした。
以上、概ね楽しかった!海外旅行はリスクがありますがおススメですよ!
2015年11月15日(日)
テロル
パリで再びテロが起きました。
私は今週水曜から今シーズンの海外研修出張に出ます。行先はローマとフランスのリヨン。お教室の皆様から「今回はどうしてパリに行かないのですか?」と何度も聞かれましたが、「昨年末のパリの雰囲気が悪かったから行かない、ローマからリヨンに飛んで、そのまま帰国する、パリにはかすりもしない、今回は」と。言ってた理由が、お分かり頂けたと思います!
それくらい、昨年末のパリは雰囲気が悪かった。
私は90年代末から定期的にパリに行っておりますが、年々危険な感じになっており、昨年は今までで最悪レベルでした。主要駅にフランス軍が巡回しているのを見て、「ここはインドかいな!」と心の中で突っ込みましたからね。
私が似非オーラ診断士だったら「あそこは気が悪い、暗黒のオーラに包まれつつある都じゃ〜!」と叫んだことでしょう。
パリは変わってしまったのです。
初めて旅行に行く方や、久しぶりにワクワク気分で行こうとしている方に、あえてパリの現実というか、悪いことは言いません。パリはイメージの街だし、私はフランス菓子の人の顔もあるので、自分自身のためにもフランスの悪口は言えないのです。
インド料理の人としては、インドの悪口?現実?を堂々と語っているのに?とは思わないでください。
インドは美化できないのです、リアルに危険だから。素敵な国だから是非行ってみて下さいね!なんて、無責任すぎて私には絶対に言えない。
これこれのリスクもあるけど、こんなに素敵な部分もある国だから是非行ってみて下さいね。としか言えないですね。でも「これこれ」の例題が多すぎて、「こんなに素敵」の部分を聞いてもらう時間が少ないのが問題で。結果、私からインド旅行への否定的な話が多いというような印象を持つのだと思います。違いますよ、最初にリスクの話をしなければ。証券も株も売ってはいけないでしょう!?
フランスも、インドのようになってしまうのかもしれません。フランスにとっては致命的な事です。イメージで売っている国なのに。
パリでテロルが起きる原因は、色々言われておりますが。移民問題が大きいのではないかと思います。
オセロです。
白と黒の駒がせめぎ合っているように見えます。
黒が優位に立つとき、フランスは従来のフランスではなくなるでしょう。ヨーロッパの寛大は、ヨーロッパの変質を意味するのだと思います。
今回のテロルも、その過渡期に原因の一部があるのだと思います。パリのスラム出身の若者達の異様な絶望感は、パリ市内RERに乗ると感じることができます。RER北方向の危険さは多く語られている通り。
東京とパリの治安は比較にならないのです。
パリ、怖いんですよ!フランス愛好家にはなかなか言えないですけどね。あの街の歪が、ついに、大々的に、ばれてしまったようだ。
オーシャンゼリゼ〜とスキップしていた頃が懐かしい。
フランス菓子の人間として、パリは素晴らしい先進的な菓子屋がたくさんあるから、定期訪問しなくてはいけない都市であるのは変わりません。
しかし、インド旅行に近い覚悟が必要になる時代が来たのかもしれません。残念です。
2015年10月22日(木)
準備中
蓄積された私のインドのコンテンツ(レシピ)を生かすべく、新たな方向を準備中です。
私の気合いが欠けているのが一番の問題かもしれないので、フランスに傾倒しすぎているのを若干修正する予定。
まずは媒体を増やすことにしました。
入り口を広げることが重要かと思われます。
「種類=タイ料理、ベトナム料理、インド料理その他」のような大きなアジア料理のくくりの中に潜んで、カレーのレシピを探している人に「そこのお嬢さん、インドカレーはいかがかね〜?」みたいな感じで売り込む予定です。
多くの日本人にとって、スパイスを使ったカレーに、大した区別はつけていないのが事実。タイもカンボジアもインドも、日本から見れば、ちょっと遠いアジア。
それぞれの料理の区別などつかなくて当然です。
でも、エスニック料理って刺激的で美味しい!と思う方々はたくさんいらっしゃいます。
それならばインド料理はいかがでしょうか〜っていう姿勢で行こうと思います。
フランス菓子料理、インド料理、紅茶など極めてきておりますが、世の中の需要は読みにくいものです。
お菓子はどの時代にも固い需要を誇っておりますけれども、それ以外の分野は、どうも流行に左右されるような気がします。
10年位前には紅茶のブームがありました。5年位前にはインド料理のブームがありました。しかし、流行は持続しないからこそ流行と言われるのです。波が来ては去り、今残っているのは何でしょうか。
日本において、洋菓子は高度経済成長期から不況の時代を経て現在まで進化し続けています。15年位前から始まったフランス菓子のブームは流行を超え、その人気は完全に定着しました。10年前には数えるほどしかなかった高レベルの店が、私鉄沿線に続々とできています。これは全国的な現象です。お菓子教室も増え、その質も高まっています。
一方、紅茶は、10年前のメジャーな専門店が今はなく、紅茶専門店は街にできたと思ったら数年もたずに閉店、を繰り返しています。銀座の紅茶専門店、ザ・ダージリンも、先日コーヒー屋さんに看板替えしました。残念です。ブームは本物にはならず少数のマニアにしか受けないのが現状です。
そして、インド料理。現在の日本において、鳴かず飛ばすの状況、というのが正直な感想です。この周辺の私鉄の各駅に必ず一軒はありますが、流行っている雰囲気かといえばそうとは言えず。地味に営業されている店が多いです。
昨日は目黒のスパイスショップ、マヤバザールに行ってきましたが、このお店は現在の私にとって使いやすい最高の立地です。しかし、10年前は地元の西小山に立派なスパイスショップがありましたし、8年前位までは、この武蔵小山にもスパイスショップがあったのです。マヤバザールと同じく、インドの店をそのまま移築したような本場感溢れる(入りにく〜い)雰囲気のお店。それらの店は、何年も前に閉店してしまいました。
目黒のスパイスショップが閉店したら、私は上野か新大久保あたりまで行かねばならないでしょう。どんどん遠くなるので、どうか、もっとインド料理よ流行って!
と、いう思いを込めて!
ふふふ。面白そうな企画に乗って行きます。
私のレシピ達をもっと活躍させるべく。
新しいことを始めると気分が高揚して楽しいですね〜
形になったら皆様にお知らせいたします
2015年9月22日(火)
気付けば
インドの方とフランスの方を行ったり来たりしているうちに、最近はフランス寄りになっています。需要と供給の関係もあり致し方ないのです。
元来のインド料理のニッチさと、インドという国に対する近年のイメージの悪化が、インド料理を日本から更なるニッチへと導くのか。
2009年頃のインド料理ブームとも言うべき状況はどちらへ?マニアしか残らなかったのでしょうか?もはや、インド料理、一部のコアな人々が様々な店や教室をグルグルと巡っているだけなのでしょうか?
インドとインド料理に興味を持つ女子が、日本に増えることを、ただ祈っております!ヨガブームよ再び!
もしくは、インド映画が再びの大ブレイクとかしないでしょうか?インドドラマでもいいです。面白い作品がたくさんあるので、どんどん日本のテレビ局でも流してほしいんですけども。印流とか流行らせませしょうよ〜?
最近、インド料理教室にいらしていたグループレッスンのうちのお一人が、「会社の近くに新しいインド料理店ができたんですよ。最近インド人の店多いですよね。そこもインド人ばかりで、もしかしたらネパール人かも?実際はネパール人の店が多いんですよね?小さい店なのに厨房に5人、フロアに5人もいて、日本語ができない人ばかりなんですよね〜、いつ見てもお客さん少ないのに大丈夫なんですかね?」と。
何だか、以上のお話に、あまりにたくさんの要素が詰め込まれていて、コメントに窮する。
ネパール人の店が多いですね、日本は。事情がありましてね。最近の災害で益々在日ネパール人は増えると思いますよ。
特別なスキルがない場合、やはりインド料理屋で働くというのが手っ取り早いですね。オーナーもネパール人の場合、様々なコネで雇われてきます。労働条件は日本人が聞いたら魂消るような酷い内容ですが、それでも本国にいるよりはマシなのです。
我が教室のある武蔵小山、再開発が始まりまして、駅前にあったお気に入りのバルピパルというネパールインド料理屋さん、西小山に移転しました。
店の前に貼られた案内によれば、西小山のサミットのお向かいあたりに移転したようです。
西小山は武蔵小山と同様に私の地元エリアですが、残念ながら武蔵小山からは一駅あります。今まで、バルピパルは教室を訪れたインド料理可能な友人知人を連れて行く店だったので、どうしましょう。皆様を一駅も歩かせる訳にはいかないし、電車に乗せるのは無理だし。教室から徒歩2分と、非常に近い店だから誘えていたのに。今後は、バルピパル以外の武蔵小山のお気に入りに連れて行くことになるのでしょうか。
最近気に入っているのはフェルムドレギュームという野菜フレンチの店です。商店街の裏、26号線沿い。教室から徒歩3分。またはシノリというお洒落焼き鳥屋。または肉餃子の新しい店がけっこういい、その場所この10年で4軒目。頑張って欲しいです。
相手によりますが、辛いモノが大丈夫な人は、必ずバルピパルにお連れしていたんですけどね〜モモバリエーションが美味しい店ですよ。ダルバートもあったし。ネパール料理ならここ!だったのに。インド料理はいまいちだったけども。
今後、どうしたもんかの。武蔵小山からインド系料理屋が消えていきます。お気に入りがどんどん消滅。私がここに来た当時、10年前にあったエベレスト(美味しかった)も気付けばなくなってしまったし。
新しい店よカモン。パルム商店街の中のインド料理屋はやる気なさすぎ。それなのに営業できているのは立地によるところが大きいと思います。
西小山は元アンナプルナ(現サミュエルダイニング)もあるし、バルピパルは競合するんじゃないかしら。どうして武蔵小山で店を探さなかったの〜。残念。
気合いの入ったインド系料理屋が武蔵小山に出現することを祈りつつ。
この付近のインド料理屋情報あったら下さい。
よろしくお願いいたします。
2015年7月20日(月)
悲恋
タージマハルで心中事件が起きたそうです。
ヒンドゥー教徒の男性とイスラム教徒の女性が、家族に結婚を反対され、絶望して自殺。ナイフで首をかき切ったそうだ。が、一命をとりとめたそうです。
映画「ボンベイ」そのままの世界観だ!

こちらの「ボンベイ」ご存じでしょうか。90年代に作られたインド映画です。ヒンドゥーの男性とイスラムの女性が駆け落ち。子供も生まれ幸せに暮らしていたところ、ボンベイで勃発した宗教争いの暴動に巻き込まれてしまう。という内容。
バーブリーマスジド事件が下敷きになっています。
バーブリーマスジド事件とは、ヒンドゥー原理主義者によるムガル帝国時代に建設されたモスクの破壊のことで、インド各地でヒンドゥー教徒とイスラム教徒の対立と暴動を引き起こしました。
インドは世俗主義の国で、基本的にお互いの宗教に寛容でいようという立場です。しかし、どこの国にも極端な人々がいて、ヒンドゥー原理主義者はムガル帝国時代の遺跡などを恥の象徴と考えておりまして、つまりムガル帝国はイスラムの帝国なので、過激な破壊活動に出たりする訳です。イスラム原理主義は反対に全ての偶像を破壊する訳ですが。
つまり、どちらにしても、原理主義者は過激で、極端に暴力的なのです。
問題は、一度そのような宗教間の挑発行為が起こると、市民の間にも普段は眠っている原理主義が目覚めるということです。インド亜大陸の人々は血気盛んで、一度暴動が起きると連鎖的に発作的に、社会に対立が伝播していきます。そして、どさくさに紛れて普段の憂さ晴らしを暴力的に始めるという悪しき行動に移りやすいのです。
映画ではハッピーエンドですが、現実はなかなか厳しいです。若いなら尚更、心中という極端な行動に走ってしまうのでしょう。
異宗教間の結婚も難しいですが、インドは異なった階級の結婚も難しいです。大抵の良家の子女は同じ階級の知り合いなどの中から、幼い頃にフィアンセが決められます。この婚約を解消するのは大変で、ほとんどの子供達は親が決めた相手と結婚します。
しかし最近は自由恋愛が盛んで、ラブマリッジと言われる恋愛結婚が増えています。アレンジドマリッジよりも当然若者の間では人気です。
しかし困難が待ち構えているのは当たり前。家族を説得するのは大変なのです。何せ相手はおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんといった世代が上の、常識が異なる人々ですから。自由恋愛などあり得なかった世代にとって、今時の若者の行動は話にならない訳ですね。
私のインド系の友人二人の結婚をとりあげてみましょう。一人はイスラム教徒でアレンジドマッリジ、つまりは見合い結婚です。もう一人はヒンドゥー教徒でラブマリッジ、恋愛結婚です。
アレンジドマリッジした方は、同じ階級のフィアンセと結婚。ラブマリッジした方はアメリカ人と結婚、フィアンセとは婚約解消。
アレンジドマリッジした方が言うには「私もチャンスがあればラブマリッジしたかったが、残念ながらチャンスがなかった。でも今となっては彼で良かったと思う、同じ階級で親戚づきあいも楽だし。義弟はラブマリッジで階級下の女性と結婚したから義母との関係が大変よ、子供が生まれるまで口もきいてもらえなかったんだから」とのこと。
ラブマリッジした方は、実の祖母から「オマエはもうインド人じゃない」と言い渡されたそうだ。実際、彼女はアメリカ人になってアメリカで暮らしていて、インドにはほとんど帰らないそうです。この彼女、デリー大学の学生の時に研修で来日して初めて我が家に来た時から、どう見ても普通のインド人じゃなかったので、最終的にアメリカ移住が正解だったと思います。我が家では「飛んでるニカちゃん」と呼ばれていました。
保守かリベラルか、ということでしょうか。
インドで家族に結婚を反対されたら、もう駆け落ちしかありません。優秀ならば国外逃亡せよ、です。アメリカやイギリスで仕事を見つけられるならば、そちらに移住しか手はないです。大学教育を受けたレベルならば不可能ではないでしょう。
しかし、今度のタージの心中カップルは、どういう人達だったんでしょうかね。背景が気になりますね。
ちなみタージマハルはムガル帝国5代皇帝シャージャハンの妃ムムターズマハルの霊廟です。素晴らしい建造物なので、一度は観に行ってほしいです。宝石が散りばめられた白大理石、近くで見るととても美しいです。インドの至宝ですね。
今ではインドで多数派のヒンドゥー教徒ですが、このタージの存在は誇りだと思います。パキスタンやバングラデシュのイスラム教徒にとってもタージは誇りだそうですよ。彼らもインドから分離するまではインドのイスラム教徒ですからね。ムガルの子孫です。
宗教に疎い日本人としては、仲良くしたらいいと思うのだけど。インドは宗教、階級問題が入り混じって、複雑過ぎて手におえないですね。
一命を取り留めたカップルが幸福になることを祈!
2015年7月5日(日)
直感、友情
ダッカ在住のベンガル人の友達ムニマさんとは20年以上の交流があります。最近は頻繁なやりとりはしませんが、ふとした瞬間に予感がして、メールがきたりします。彼女とは生きている環境も文化も違うので、一見私達はまるで違う種類の人間なのですが、精神的にはかなり近いレベルにいる人なのだろうと思います。私は10代の頃、ムニマさん含め3人のインド系人と知り合いましたが、現在も交流があるのは彼女だけです。友情というのは、長い目で見てみないと分からないものですよね。一瞬すごく仲良くなっても、さ〜っと潮が引くように縁が切れる人々がいます。長く友情が続く人達と何が違うのかは分かりませんが、そういう縁だったということなのでしょう。
自分に精神的に似た人が友達になるものです。違いすぎるなと感じたら共感できないでしょう。しかし自分と似た人を嫌うこともあるようです。単なる知り合いじゃなくて「友達」が欲しかったら自分に似た人を、つまり良くも悪くも自分を好きにならないと難しいですね。自分を嫌いな人には本当の友達ができないんですよ、知り合いとか協調者はたくさんいても。まあ、そういう意味で、その人がどんな人かは友達がいるかどうか、どんな友達なのか、あるいはどんな知り合いしかいないのか、を見ると分かるわけですね。
私の場合はこんな風↓
私の友人達にはたくさん欠点がある、私はそれらを許容する、つまり私は自分自身の欠点を許容しているということである。相手側から見ても同じことだ。よって我々は友達である。というロジックです。
一年は365日で一日は24時間、そして私の残り時間はあと30年?40年?今のような水準で現役でいられるのはあとどれくらいだろう?有限の持ち時間をどうやって使いますかね。
ダッカのム二マさんがこちらへカモンと言ってきます。彼女のもとには2002年、2009年に訪れています。彼女の側から日本に来るのはなかなか難しいです。小学生が2人いますからね。姉はメキシコ人の友達夫婦と1年に1回は行き来をしています。
私的に友達とは時間を作ってできるだけ実際に会うものだと思っています。メールや電話は苦手です、ましてSNSに時間は割けない。
しかし現実問題、遠くにいる友人との関係を維持するのは、難しいものです。コルカタ辺りを次の目的地にして、ついでにダッカにも寄ればよいのだろうか、1泊か2泊でも。
次のインドはダージリンと決めていたのですが、東インドも悪くないかも。ご飯が一番美味しいエリアですしね。そう言えば、ここ数年、日本では何故か南インド料理が流行っています、何かの勘違いじゃないかと思うのですよ。インド料理なら東インドが一番で。南なんて、東西南北インド料理の中では最もイマイチだというのが本当のインド料理通の意見ですよね。南インド料理最高とか言ってる人達は多分モグリだわ。
もちろん南側には部分的に面白いものはありますよ、だけども、歴史的文化的宗教的地理的に、料理に関しては東インドが最高です。だいたい、イスラム教徒が多い地域の料理は美味しいのです、禁忌がヒンドゥーより少ないから。それに東はガンジス河にベンガル湾に肥沃な大地が揃ってます。食材こそ命。素材豊富だからスイーツ系もインドの中では最も豊富です。だから糖尿病患者が多いんですよ、東インドは。
ム二マの両親も義理の両親も全員が糖尿病でした。実のお父さんは目が見えにくくなっており、お義母さんは足にきていました。
お金持ちの階級は食べ過ぎるんでしょうかね。みんな、太ってましたもの。ムニマさんはフィットネスで必死にダイエットを試みていますが、年々丸くなっていくようです。日本人は10代の美を保ち続ける、とよく言われます。意味は、年取ってもそれどほ太らないのね。お金持ちインド人の体格の良さは凄いですよ。日本人は束にならないと対抗できません。
太ったインド女性達に囲まれたのを思い出しました。インドスイーツの甘さががいけないと思います。半端なく甘いのですよ、どうして?ってくらい。もっと控え目にしたらいいのにな〜。
辛さもそうですけど。インド人に半端さや曖昧さはないのだろう。日本人とは対極です。
だから面白い。都合の悪い部分もたくさんあるけど、それらを許容してこそ友情が続くので。まだまだインドは行きたいところがたくさんあります。
何にしてもインドに惹かれる人はインドとどこか似たところがある人、実像が見えて嫌うならば自分を嫌うということと同じ。そもそも興味がない、何も共感できない、そういう人はインドとは少しも似たところがない人。そんな感じです。
インド好きは、インドの良いとこも悪いとこも冷静に受け止めよ〜
2015年5月20日(水)
ネパール
今年に入ってから、ずっと傾倒していたネパールでしたが。。現在、残念な状況になっております。
紅茶党の私にとって特別な場所であるダージリン、その仲間のブータンやネパール、つまりヒマラヤンの料理や生活に興味がありました。
この辺りは昔から貧しく、料理も素朴なものばかりなのは分かっていました。ネパールはチベット、中国などの影響も受けていますので、モモのような小龍包がハレの日の御馳走となっています。
ネパール料理を知れば知るほど、モモがどれだけ贅沢で特別なものかがわかります。バリエーションが豊富で、楽しい料理です。ダルバートと言われるカリーや炒め物や漬物の定食は、本当に素朴で、言葉を変えれば貧しいものです。シンプルでとても美味しいのですが。
日本人にも馴染みのあるインド宮廷料理系と比べると、ネパール料理は同じスパイス料理でも、相当シンプル。肉のカリーやモモは特別なものです。
それがよく分かってきました。
ネパール人の平均年収は4万円に満たないそうです。
海外で働くことを希望するネパール人が多い理由が分かりますね。教育を受けられる階級の人達は、どうにかして海外に活路を求めていくのです。
日本にも、たくさんのネパール人が働いています。移住者は年々増えています。東急を始め私鉄沿線など、巷でインド料理屋さんを経営しているのはネパール人が多いのです。
武蔵小山にもバルピパルというネパール料理屋さんがあります。朗らかな店員さんとイケメンの店長と腕のいい料理人がおります。モモのバリエーションも豊富で、お気に入りです。定期的に通っております。
先日、大地震の後で、こういう時こそネパール料理屋に行こうと思って訪問しました。オールドモンクのホットカクテルがありましたよ、ちょっとお酒を飲むにもいい店なのです。つまみは辛いけど!
しかし、毎回「久しぶりだね!」と声をかけてくる朗らかな店員さんが、暗い顔をしておりました。家族が被災している可能性は高いですね。お店全体で募金活動もしておりました。
私はこういう時は余計なことは言わない主義です。黙って応援が一番だと思うので。こういう時は日本人な感じ。皆様も、どうぞ、ネパール料理屋さんにいってあげてくださいね。募金もいいけど、在日ネパール人が日本でちゃんと商売ができるようにしてあげるのが一番だと思うので。
辛いの苦手でなければ是非ネパール料理屋へ!
ここはインド料理のHPだから、辛いの苦手な方はいらっしゃらないとは思うのですけど。お菓子の方で宣伝すべきだろうか。
普通の日本人は、ネパールの位置も分からない方が多いですからね。
ネパール地震の映像を見ながら、スリランカを思い出しました。料理を習うために郊外の家に行った時、その家が、信じられない様な造りで。耐震基準などという言葉はないのでしょう。土の上にレンガを積んで作ったような家でした。
あれでは、震度4以上が来たらばガレキになってしまうだろうと思いました。まるで童話に出てくる3匹の子豚の家のようでした。
コルカタやバングラデシュでも10階建ての建物の梁が竹で組まれているのを見たことがあります。
ネパールも同じことなのでしょう。
耐震基準など満たせるだけの資力も技術もない人々に、日本人の基準などあてはめられず。
ただ残念で。
とりあえず、隣のネパール人を陰ながら支援しよう、つまりネパール人のスパイス屋や料理屋を贔屓に。
一日も早く復興することを祈ります。
2015年4月16日(木)
インド料理
上の資料は全て英語版のインド料理本。私がインドの本屋またはイギリスの本屋で買ってきているもの。スリランカやネパール料理本もあります。次回はパキスタン料理に特化したものを買いたいですね。
これら、ほとんどがイギリスやアメリカで出版されているものです。私はヒンドゥー語等のインド言語が一切読めませんで。
私のような日本人がインド料理を学術的な側面から勉強しようとした時、頼るべき教材は主に英語版となります。日本語のインド料理本は数が少ないからです。需要があまりないので仕方ないですね。
イギリスはインドの旧宗主国でインド系移民が多いので、インド料理関連本は毎年多く出版されています。アメリカもインド系移民が多いので、同じく多く出版されているのです。
インド及びインド圏は広大で、各地方の特色が様々にあります。インド人にインドのことを聞いても分からないというのは本当です。これだけ多種多様な宗教文化、各地方があったらば、自分の周囲のことしか、普通のインド人は知りえないでしょう。
共通するものもたくさんありますが。
それが、スパイス。そして、ターリの文化。より正確にはワンプレートの文化。混ぜる料理と言い換えましょうか。お盆またはお皿またはバナナの葉でもいいですが、プレートの真ん中に米かチャパティかプーリかロティかナンなど炭水化物、その周囲にカリー、サブジ、スープ、アチャール、チャッツネなど。
北の豪華な雰囲気だとこういう感じ↓

南のバナナだとこういう感じ↓

一般家庭のターリならこんな感じ↓

お祭りターリだと飾り付けすぎて(どれが食べ物?って思いますね)こんな感じ↓

様々ですが、共通しているのは、中心(炭水化物)に向かって、料理をあわせて食べいくということ。
米にスープを混ぜ、サブジを混ぜ、カリーを混ぜ、手でこねて食べるのがインド人。時にアチャールを混ぜ混ぜ。右手だけを実に上手に使います。
東西南北、どこの地方に行っても、ネパールでもスリランカでも、インド圏の料理はこのように手で混ぜて食べるものが多いのです。
つまり、全ての料理が、基本的には同時にテーブルに並んで、もしくはプレートに盛られて個別に提供される。それが、インド料理の基本形です。インドの家庭でもレストランでもそのような提供のされ方をします。
この例外が、現在インドで見られる、フュージョンのインド料理です。インドフレンチ、インドイタリアンなどは、コース形式をとるので、前菜、メイン、デザートで分かれて出てきます。
その場合、特徴として挙げられるのが、それぞれの料理の味が、インド人が食べても納得するくらい完成していること。レストランでも、その一品で完成形と言えるくらいの出来栄えになっています。それ以上混ぜる必要がない味、ということ。言い換えれば従来のインド料理は混ぜることを前提にしているので、中途半端な味も敢えてあるということです。
フレンチのようなコース形式は、味を各種料理によって自在に混ぜるインド人に対する挑戦とも言えるのです。もし納得させられる一品でなければ、インド人だったら、与えられた一皿を食べながら「足りない!スパイスかチャッツネ持ってきて!」と叫んでしまうことでしょう。インド料理の観点からして、インドの現代料理が非常に面白がられている理由です。
デリーの現代インド料理の名店、Indian Accentは忘れ難く素晴らしかったです。一品一品の完成度が大変高かった。デリーに行ったらまた訪問します!
そうではない店、つまり、ただ単に従来の料理をコースで出すだけの店は淘汰されているようです。
インドの富裕層は相当に厳しい目を持っておりますので、中途半端はだめですね。彼らの行動範囲は広く、比較は世界各国に及びます。逆に、在外のインド人またはインド系がデリーの高級インド料理店を訪問しているということもあります。
だからこそ、インドの高級インド料理店は磨かれている訳です。私が皆様に「東京だけではだめ。インド料理を食べるなら何が何でもインド行きだよ!」と言っている理由はそれです。当たり前のことですが、日本料理を食べるなら日本ですね。それと全く同じことです。
インドは広くて。次回はコルカタに食べに行きたい(魚介とベンガル料理)、でもデリーも行きたい(インディアンアクセントにもう一度)、でもダージリンにも行きたい(紅茶が〜コロニアルアフタヌーンティー)、ムンバイにも食べに行きたい(パールシーの料理)。困りましたね。インド、広すぎますよ!
まだまだ行きたい場所たくさん。
ロイヤルキュイジーヌ本を眺めながら、またラジャスタンに行きたいと思ったり。インドは永遠に私の心をかきたてる魅惑の国です。
旅したら危険じゃないかって?危険ですよ。それでも行きたい気持ちが盛り上がるって、凄くないですか?それだけの魅力があるのです。インド料理好きにとっては特にね。インドに行かずしてインド料理を語ってはならぬ、そう言い切っておこう。
2015年3月23日(月)
訪問!
Y様がお試し営業中のインド料理ランチに伺いました。土日のランチタイム限定なので、この機会に行けて良かった!
学芸大学駅からすぐの商店街の横道、「バー翠」というお店で営業されています。
ドライカモミールを散らした4種豆スープ(写真上)
サラダ

ピンクペッパーを散らしたマサラポーク

パセリソースのパニール

チキンカリー

最後に麦茶のマサラチャイ
コース仕立てで提供されます。和の食器に見るインド料理、マイルドな味付け。
これは素材やスパイスをアレンジした現代インド料理の系統になりますね。ライスやチャパティを中心に置く従来のターリではなく、一品ずつのコースですから全体的に軽やかに味付けされた印象です。
この食器とこの提供スタイルならではの。
胃にもたれないインド料理の形です。
私の経験上、ベタ(本物の)なインド料理はスパイスも塩も強く、油分も多いものが主流。そのアクの強さが苦手な日本人も多いのは事実。
なので、こちらはどちらかと言えば万人受けするカフェスタイルの系統ですので、受け入れられやすい気がいたします。が、まだ方向は定まっていないとのこと。
今後どのようになるのか、楽しみです。
興味ある方、どうぞご訪問くださいませ〜
詳細は以下です

2015年3月7日(土)
バングラデシュ
若干暇なのでダッカの友達とメール交信してます。
上の写真は以前ダッカの友人宅でデザートに頂いたドヒ(ダヒ)というヨーグルトのスイーツ。とっても美味しいんですよ!
ダッカも他のインド圏の大都市同様に物凄い大気汚染なので、空調を入れていない一般家庭の室内の空気は悪く、排ガスを吸いながらヨーグルトを食べているイメージでした。それとも、あれは熟したドリアンの匂いだったのだろうか?いや、排ガスですよね、、もう、とにかく臭う街です。
ダッカはバングラデシュの首都で、西ベンガル最大の都市コルカタの兄弟と言われる街です。バングラデシュというのは、インドのベンガル地方の東側が単独で独立した国で、バングラデシュとは「ベンガル人の国」という意味です。西ベンガルはそのままインドの一地方として残っておりますので、ベンガルは東西に分かれてしまったのです。とは言っても、南北朝鮮や東西ドイツのように敵対関係にある訳では決してなく、バングラデシュは政治も経済もインドと同一の方向性にあり、コルカタ人とダッカ人は文化的にも民族的にも同一のベンガル人なのです。お互いの都市に親戚もおりますし言葉もベンガル語です。食文化も同一。
ですから、私にとってバングラデシュは東インドと等しい場所です。本人達もそのように申しております。
ただ、バングラデシュの独自性は、その宗教と独立の経緯にあります。もともとは第二次世界大戦後、インドがイギリスから独立する際に、インドから更に東パキスタンとして分離独立したのです。西パキスタンが現在のパキスタンです。
どういうことかというと、インドは第二次世界大戦を機にイギリスの長年に渡る植民地支配から遂に独立を果たすのですが(このことがインド圏人の日本に対する好感に繋がっている=日本が米英と戦争したためこの地域におけるイギリスの力が弱まり反射作用で独立)、宗教で分裂してしまったのです。結果、イスラム教徒の多い地域はパキスタンとして、ヒンドゥー教徒の多い地域は現在のインドとして。イスラムの多い地域が東西に飛び地的に分かれたので、西パキスタンと東パキスタンという形になり、そうなると結局はそこからまた分かれるということになり、東パキスタンはインドの力を借りて西パキスタンから分離し、バングラデシュとなったのです。簡単に説明すれば以上。
つまりですね、第二次世界大戦前まではインドもパキスタンもバングラデシュも全てイギリス領インド帝国だったのです。ちなみにスリランカはイギリスの直轄植民地でしたが同じく第二次世界大戦後に独立、ネパールは最初からスルーされていました(植民地にする魅力もなかったからと言われております、ラッキー?)。
東インドというのは、東西南北のどのエリアよりも食文化が発達しています。一番食事が美味しい場所と言われているのです。理由はその肥沃な大地とベンガル湾にあります。ガンジス川流域の肥えた土地には野菜や穀物がよく育ち、ガンジスの川魚も豊富、ベンガル湾には海の素材も豊富。そして何より、バングラデシュはイスラム教徒の国なので、食べ物の禁忌が少ないのです。豚と酒以外はOK!
ダッカのデパートのフードコートで食べたビーフカリーが本当に美味しかったのが忘れられません。牛肉を食べられるので、しかもビーフカリーですよ!日本人には美味しく楽しい国です。コルカタも食事パラダイスと言われる都市ですから、もしよく分からないけどインド料理目当て?でインド旅行するなら、コルカタかダッカをおススメしたいですね。日本人が好きなタイプの味付けのカリーが食べられること請け合い。
それに甘味です。インドスイーツが最も発展しているのが東インド。ですから糖尿病が多いそうですよ。気をつけないとね。私はラスマライが好きで、しかし、本場のラスマライは歯がガタガタするほど甘い。グラブジャムンも大好きですが、しかし、本場のグラブは脂汗が出るほど甘い。何ともドラスティックな。
好き嫌いが思いっきり分かれことでしょう、多分9割の日本人は嫌いだと思う。まさにインドだな〜
そして、コルカタやダッカはダージリンに近いのです。アクセスするには良い街と言えましょう。ダージリンはデリーから入る手もありますが、東南アジアを経由して東インドからアクセスする方法もあります。
ま、暇なうちに、いろいろ、想像しておこうかな〜と思いまして。ダージリン鉄道には一度は乗ってみたいのですよね、イギリス人の浪漫だ。
そうなんですよ、インド亜大陸は、イギリスの息吹を至る所に感じるのです。イギリス人の影を様々な所に感じるのは、私がイギリスも好きだからです。その代表が茶園、ティーガーデンのある高地の気候は寒冷で、まるでイギリスのようなのです。いきなり素敵なイングリッシュガーデンが現れたりするし。インドのチャイも、イギリスのティータイムの名残です。
そうそう、だからね、銀製のポットやクリーマーやお盆やスプーン類を買いたかったら、インドに行くといいですよ!イギリスで買うより遥かに安く手に入りますから!銀製品なら、イギリスのアンティークマーケットよりインドに行くべし。穴場。
当教室の雰囲気は完全にお菓子教室仕様で、至る所にヨーロッパ調の銀製品がございますが、実はその半数はイギリスやフランスではなくインドから買ってきたものなんです〜
うん、カトラリーやテーブルウェアの買い物ならインドがおススメ。覚えておいてくださいね〜
2015年2月24日(火)
ネパール
最近、ネパール料理にはまっております。北西、東、南西、南東、中部、西ときて、ついに、北東インド、ネパール方向に手を出す気になってきたので。
ダージリンに行きたいという希望があり、ヒマラヤ沿いの文化に目が向いてきたためとも言えます。
しかし、ネパール。私の中では長らくアンタッチャブルな国でした。日本人はその実態を全く知らない国の一つでありますが、インド圏好きの私にとっても、あまりにも得体が知れない。かった。今も、か。
ヒンドゥー教と仏教の国で、民族衣装はサリーだし、スパイスを多用した料理は北東インド料理チベット料がベースだし、見たところは私の好きなインド圏そのものです。スリランカやパキスタンと同じく、間違いなくインドの眷属なのですが。
しかし、行きたいか行きたくないかと問われれば、すぐに行きたい訳でもないです。ダージリンやシッキム辺りに行ければ十分かなとも思います。
何故か。それは、ネパール王族殺害事件という凄惨な事件の舞台になった国だから。ひょぇ〜って感じの前時代的衝撃事件でした。
覚えてますか?2001年の事件です。世界でも大ニュースになったと思います。
ビレンドラ国王一家が晩餐会の最中に銃撃にあい、国王の息子や娘やその家族など、小さな子供も含めほぼ全員死亡。実行犯は結婚に反対され逆上した皇太子、犯行後に自殺。
国王一族の中で助かったのは晩餐会に出ていなかった国王の弟ギャネンドラと、晩餐会に出ていたにも関わらず無事だったギャネンドラの妻と息子。息子は勇敢にも母を守ったそうだ。
その後、国王の直系が全員死亡したため弟のギャネンドラが国王に即位。勇敢な息子は皇太子になる。
さてさて。以上までのこの話で、何か思うところありませんか?ありますよね?展開がギャネンドラに都合良すぎない?って。
ギャネの甥である元皇太子は皆を銃撃して自殺、しかし何故か銃弾が後方から入っていたとか。どんな態勢で自分を撃ったのだろう?と。死体を検視するまもなく急いで火葬したのも怪しいと言われておりました。
ネパール国民、皆思っていたそうだ。あいつ(ギャネンドラ)が犯人だって。
当時、私はインド料理用のスパイスを買うために、地元の西小山にあったスパイス屋に出入りしておりました。SPICES&FOODSと書かれた黄色いテントが目印でした。もう5年以上前に閉店しましたが。
そこはネパール人の経営するスパイス屋で、壁などにビレンドラ国王一家の写真やブロマイドを飾られておりました。いつ行っても5〜10人くらいのネパール人がレジの前にズラリと座ってたむろっており、入りにくい雰囲気に満ちてました。私は気にしません、インド系に慣れているから、しかしあの付近の住人はまず利用しない店だったと思います。
実は、その店はネパール人が集うネパール人組合の集会所としても使われていたらしいです。渋谷のネパールインド料理屋で、店のオーナーから聞いて知りました。あれ、それはいつも行ってる店じゃないのって。びっくりしましたね。私がその店を知っているのを知って、途端にオーナーの口が重くなったのが面白かった。私を何も知らない日本人だと思っていたらしく。
90年代半ばから2000年代前半にかけて、私は自分の研究目的と好奇心から、インド料理店やこういった在日インド圏人に、機会があればインタビューをするのが習慣だったのです。
さりげなく話しかけて、どういう経緯で日本に来たのか、どういう勤務体系で働いているのか、いくらくらい貰っているのか、家族はどこにいるのか、など。まるで福祉事務所の職員か覆面入国管理員みたいなことをしていました。
実態は見ての通りただの通りすがりの、好奇心に満ちた人だったので、向こうも私の学生風の顔に警戒を解いてペラペラしゃべってくれる人が多かったです。
ネパール人の間では変な医療ビザで来るのが流行ってるとか、ブローカーの存在、一度日本人妻を持つとどれだけの権限が生まれるか、仕送りの額はいくらで、などなど。ペラペラとよく喋る人が多かったなぁ。
そして、日本にいるのはインド人のふりしたネパール人が多いという実態も明らかになりました。特に商売的にはインド料理屋(ネパールを併記する場合も多い)の看板を名乗る方がいいそうだ。それはそうよね。
ネパール人もインド人も見分けがつかないし、日本人にとってはどうでもいいことなので。あちらもそれにあわせていると言えましょう。
それで、話を戻しますが、そのネパール人集会所を兼ねた西小山のスパイス屋さんですが、ある日、私がいつものスパイスを買いにランランと行ったらば。
いつも素敵なサルワカミジ(パンジャビ)を着たネパール人マダムが鬼の形相で。その場にいた、その他の複数のネパール人男性も鬼のような形相で、ネパール語でギャイギャイ叫んでいた。
あまりの剣幕に、私、入り口で後ずさりましたよ。
なにごと〜な。
ネパール人マダム、私に気づいて、「今日はアナタ、ナニガほしいの?え?なにが?」と迫ってきて、ひぇ〜って感じで。そしてネパール人のおじさんが「ギャネンドラがやったんだよ!」と私に日本語で叫びました。
ああ、はい。そうだったのか。と。その頃、ちょうど日本でも殺害のニュースが流れていましたから。
マダムはオイオイ泣いていました。写真にお花を飾りつけるくらい大好きだった国王夫妻が亡くなって、本当に悲しかったのだと思います。
私はとりあえずコリアンダーを買って帰った記憶があります。
衝撃でしたね。その後、ネパールは革命が起きて2008年には共和制になりました。あのネパール人組合の人達の意見がネパールの大多数ならば、間違いなくギャネンドラは長くもたなかったでしょう。王位が欲しくて引き起こした事件が、結果、彼を王位から追いやったということになるのでしょうか。
以上、これが私にとってのネパールです。
強烈な印象があり、そのまま、放置。
そろそろ、ほとぼりも冷めたし、モモくらいから着手しようかなという気分になってきました。
全体的に、まあインド料理の一種と言えますが、なかなか食べやすく、モモは秀逸。
様々なバリエーションとチャッツネのバリエーションもやっております。興味のある方、どうぞ受講してみてくださいね〜
2015年2月11日(水)
ゲッリアル
インド関連のニュースには常にアンテナを張っております。日本でインドがどのように報道されるか興味深いですから。またしてもインドで日本人女性がレイプされたというネットのニュースが流れてきました。
事件の場所はジャイプール、上の写真の「風の宮殿」がある別名ピンクシティ。20歳の女子大生が日本語ガイドのふりして近づいた男に強姦されたそうだ。
ありがち〜。今更驚かないで。インドではよくある、ありふれた犯罪です。当教室のページにある「女子向け、初インド旅行の手引き」を読んでいただければ分かると思うのですが、インドで女性が遭遇しやすい犯罪として代表的なのが、これ。男性ガイドなしで歩いてるだけでも、痴漢とか猥褻な言動とかしかけられますし、最悪の場合はレイプ被害です。本当に、女性の一人旅は気を付けてほしいの。
それなのに、デリーの空港には必ずいるのだ、一人旅の若い日本女子。20代でしょうかね。恐れ知らずと言うか。去年のインド旅行中、デリーの空港で見かけた子なんて、インド映画の女優ばり濃い化粧に民族衣装で、一体君はこれからどこへ行くのだ?という風体で、私達の前で入国審査待ちしてましたからね。
もう一人、同じく一人旅の女性と意気投合して、二人で「市内まで地下鉄で行けますよね?ホテル、すぐに見つかりますかね?」な〜んて、呑気な会話してたもの。目の前にいた私、小さな声で、心の底から「グッドラック!」と言ってあげました。
明らかに初インド旅行の、女子一人旅が、毎回、複数人は必ずデリーの空港にいるのです。
それにしても、あの目立つインド風化粧の日本女性、危ないったら。もう、目的は明らかでしょ。ゴージャスなインド映画の見過ぎで、これからマハラジャの子息かインド富豪の息子と運命的に出会って恋しようって希望に満ちてるのかしらね。まあ、そんな話もないではないけど(実際にある)、それは砂浜の中からダイヤモンドを探すような確率の話。
素敵なインド人男性と恋したい女子、最近は簡単にアクセスできるようになったインド映画を見過ぎたらば続々出てくることでしょう。韓流と同じく。
駄目!絶対!そんな甘くないよ〜現実は夢見る日本女子を打ちのめすものの確率99.9パーセント。
最悪はレイプ致死です。生きて帰れたならば幸い。
レイプ被害事件だけを取り上げがちなのは、日本メディアの偏向報道だとは思いますが、他にも流すべきインド関連ニュース多数あるはずだし、それでも確かにレイプ被害が多いのは知らしめておくべきだと思います。うかつに一人で浮かれた気持ちでインドを旅するのはやめた方がいいと思うの。危険が多いから。
せめて、しかるべき旅行会社から雇った男性ガイドを同行させて旅行すべきだと思う。気をつけて過ぎることはないのですよ、インドは。
ただでさえインド旅行はリスクがあります。何のリスクかと言えば、テロです。私が今までインドで訪問した場所、2か所で既にテロ事件が発生しているのです。
2004年に泊まったムンバイのタージマハルホテルは、その数年後にイスラム過激派による銃撃事件が起きて複数が死傷しました。たまたまロビーにいた日本人旅行者が一人流れ弾にあたって死にました。
2007年に訪問したジャイプールのバザールでも、その数年後に自爆テロ事件が起きて、複数人が死にました。観光客もいつどこで突発的なイスラム過激派によるテロ事件に巻き込まれないとは限らないのです。
日本とは180度違う、異世界です。全てが。
どうか心に留めて、日本人女子には安全な旅行をしてほしいものです。その為には頭の中にお花畑を散らしていないこと。素敵なインドとインド人のイメージを膨らませるのは良いことだけど、それが旅行の動機になるのだから、その一方でインド旅行のリスクをきちんと直視することです。
あのね〜、すっかり印流にはまった日本女子ちゃん達!インド人ボーイと恋愛とか結婚したいなら、安全な方法を教えてあげる。君が大学生なら、インド人留学生を狙いなさい!君が社会人なら、インド人交流会に顔を出しなさい!イケメンのインド人が経営する又は働いているインド料理屋に足しげく通いなさい!気に入った子がいたら積極的に声をかけなさい!
それで実際に結婚した人達がたくさんいますから。婚約者がいてトラブルなんてのもあるけど、彼がその気なら婚約破棄してもアナタと結婚してくれるから。
もしかしたら名家の子息も留学してるかもしれませんよ、第二のタゴール暎子さんになりますか!?
年末年始のデリー空港には、そんな日印カップルの里帰りがたくさんおりますよ。可愛いハーフの子供を連れて。
インド映画みたいな化粧して単独インドに乗り込むより、よほど安全です。どうか、貴女様の幻想を具現化するにあたっても、安全第一で!
もう、これ以上残念なニュースを聞かないようにお願いしたいです。
2015年2月2日(月)
もう一冊
読書好き(?)な皆様に。ヤスミナ・カドラの「テロル」の紹介を。繰り返されるワンパターンの日本メディアのニュースを聞くよりも、イスラム原理主義とテロへの深い洞察が得られるかもしれません。
前回の作品同様、現時流に沿った内容なので、興味深く読んでいただけることと思います。
カドラさんは小説家として超一流なので、1ページで引き込まれます。緻密な人間観察をもとにキャラクターが描き出されているので、異文化異教の世界の人間、つまり私達日本人にも普遍的なインパクトを与えてくれます。うん、あるある、みたいな。
内容は。一言で言えば、イスラエルのテルアビブで優秀な外科医として成功したアラブ系イスラエル人アミーン君の悲劇。
まさに、文字通りの悲劇です。
美しく優しく従順なアラブ系の妻シヘムとの絵に描いたような裕福で幸福な生活を送っていた外科医アミーン。二人の生活は順風満帆、とアミーン君は確信していた。が、ある日、勤務先の病院の近くで自爆テロが起きた!カミカゼだ!(←世界では自爆テロをカミカゼという日本語で表現します、そのままじゃん、日本人にはビミョーすぎ)妊婦を装った女性がダイナマイトを体に巻きつけ、誕生日パーティーを開いていた子供達であふれたマクドナルドで自爆。たくさんのイスラエルの子供達が死んだ。実行犯は、何とアミーンの妻のシヘム。
裕福で何の不自由もない生活を送っていたアラブ系イスラエル人の女性が何故多くの子供を巻き込む卑劣な自爆テロ犯に!?
アミーン、大ショック。なぜだ〜豊かで幸福に満たされていた妻が、自分を誰もよりも愛してくれていた完璧な妻が、誰よりも優しく穏やかな平和主義者の妻が、何かの間違いだろ!
でも、実行犯はシヘムで間違いない。
どうして?どうして?アミーン君、理解不能。
これは、私達女性からすれば、あ〜、旦那さん分かってなかったね?って話ですよね。
理想の妻だ、と断言している夫が思い込んでいる通りの妻である可能性は、実体としては現実には(ほとんど)ないから。もし自分に都合の悪い所が何一つない理想の奥様が目の前にいたら、旦那さん方は、目の前のその姿は何かの目的を隠した仮の姿と考えた方がいい。相手はプロだ。何かの。
普通の女性はどこか不都合な部分があるものです。女性にとって完璧な男性がいたら、そいつは何かおかしい、と男性だって思いますでしょ。それと同じで男性にとって完璧な女性がいたら、それは何かおかしい。つまり裏があるということ。
普通の健全な夫婦は、お互いの都合の悪さを、お互い様だよね、と許容しあうものです。自分だって相手だって天使じゃないんだから。人間なんだから、嫌な部分の1つや2つや3つや4つ、それ以上あるさ。それが許せないなら完璧なアンドロイドの誕生を待つがいい!ただしそれは本物の人間じゃないけどね。って話です。
何の文句も言わない、陰で夫の成功を支え、ただ美しく微笑んで、誰にも優しく、そんなシヘムの裏側が怖すぎる。そういう女性、自爆テロはしないまでも、周囲にいますよね?自爆テロじゃなくて、言葉や行動のテロをするんですよ、そういう人は。いきなり別人のようにキレたり、何か恐ろしいものに依存したりはまったりすることもありますね。
旦那様族、お気を付けあそばせ。
そんな人間心理の闇も解説する小説です。
イスラム原理主義がただの大義名分や手段として利用されるものとして存在するのを描き出しているところが凄い。最期はやはり悲劇です。とことん。
神よ、彷徨えるこれらの魂を救いたまえ!と叫んでみよう。
なんというか、ものは考えようですが。
私達は異文化や異宗教や異民族間の軋轢など(世界的な標準で考えれば)ほぼ無縁な日本人なんだから、もう文句なんて言う余地はないくらいに恵まれています。日常の鬱屈とした不満を、第三世界のリアルな戦場で気を晴らそうなど、愚かしすぎる。
無駄で危険な現実逃避をせず、皆でポジティブに生きて行きましょうね!
興味のある方、今こそベストタイミング、是非カドラさん読んでみてくださいませ。
2015年1月22日(木)
未知の世界
ヤスミナ・カドラの作品が好きです。彼の小説はイスラム世界が舞台で、2000年代にはじめて読んだ時は衝撃を受けました。カドラさんはイスラム教徒でアルジェリアの元将校ですから、小説とはいえ、内容はかなり実態を反映しているので。
「生きながら火に焼かれて」や「女盗賊プーラン」などの著作を読んだときにも魂消ましたが。今の私達には想像もできない世界が、現実にあります。
インドやバングラデシュなどに行けば、外国人観光客としてギリギリすり抜けた感を、いつもどこかで感じます。先進国の常識が通じる世界と通じない世界の境は非常に曖昧で、あと一歩で、何かの拍子に転落するだろうことを感じます。
昨年11月末に旅したパリで、インドに似たギリギリ感を感じて帰ってきたのは気のせいではなかったのです。今までのパリにはない緊迫感に満ちていました。フランス軍が主要駅や主要政府機関などに配置されていたからです。あれは、テロを警戒してのことだったのですが、警戒も虚しく予想外の場所、新聞社でテロが起きてしまいました。
地下鉄サリン事件が海外で報道された時、明確に「テロ」と報道されていました。日本人は当時、これを衝撃的事件とは思っていましたが、テロであるという認識はなく、いまだに多くの人がテロだとは思っていないでしょう。世界基準に照らせば、あれは明らかに過激宗教団体によるテロ行為だったのですけど。
それほど日本人にとってテロの概念は遠いモノ。
宗教への関心も同じくらい薄く、ほとんどの日本人にとって仏教と神道は空気のように透明で身近な存在となり、世界3大宗教のその他、キリスト教、イスラム教に対しての関心は、ほぼ、ゼロ。クリスマスとかイベント時だけ思い出す?思い出しもしないかも。あくまでパーティーアイテムとしての存在でしょうか。キリスト教文化そのものさえも。
否定や憎悪が関心への極の行動ならば、パーティーアイテムとしてしか興味を示さない日本人は、ある意味、微笑みながら利用しているだけという点で、無関心以下なのかもしれませんね。
その点、イスラム教に関しては完全なる無関心を貫いているので、日本人は流石だと思ってました。よく知らないことは下手に知ろうとしないのが一番。
だのに、ついに、日本も欧米十字軍の仲間とされる日が来てしまった!ノー、勘違いです。私達は無色透明な仏教神道者なんだから、キリスト教グループの十字軍には加わらないのよ。
欧米とは基本的価値観を同じくする先進国グループとしてお互いに敬意を持ちつつ仲良くしてるだけ。宗教的に交わることはないのです。そんな日本の位置を、中東のまともなムスリムなら知っているでしょう?
つまり、あの過激派はイスラム教徒ぶってるけど、実際には単なるパワーゲームをしたいだけ、本音は宗教問題じゃないですものね。
っていうか、テストの時だけ詰め込んだっけ?の世界史の知識を忘れ果てた一部日本人には「十字軍」の意味さえ思い出せないし。何それ〜ってなもんだ。
そんな日本人相手に、あんな脅迫を!何てことするのだろう。許せないですね。
「君子危うきに近寄らず」というけど、もうこうなったら、方法はそれしかないんじゃないかしら。
ISに参加したい先進国エリアの若者は、私が上にあげたヤスミナ・カドラ氏の「カブールの燕たち」でも読んで、あの世界がどのような基準で成り立っているか、少しお勉強した方がいいです。ISみたいな世界では、先進的な教養や常識などあるだけ無駄、それどころか地獄を見るのです。
それでも行きたい人は、国籍を捨てて貰うとかね。
20世紀の終わりに、21世紀は国同士の戦争ではなくテロの時代と言われていましたが、本当にそうなってしまうのでしょうか。
こういう問題に関しては、穏健派であるダッカの友人のイスラム教徒とさえ話をしたくありません。何だかんだ言っても、欧米への批判と日本の態度への不満に終始することになるからです。
日本人以外の有色人種の、欧米への不信感、不満感、不公平感は半端ないものがあります。911のテロですら、心の中ではざまあみろと思っているインド人とか多いのですよ。私はインドやその周辺国ではその手の話をしないようにしています。
日本は立派だ、と褒めてくれますけどね。第二次世界大戦で欧米列強と戦ったことが特に褒められますからね。そこ褒められても、困るんだけど。大昔のことを蒸し返すなよ!結局負けたんだからと、日本人としてはいつも思うのね。その後、経済復興して偉い、と。また言われるのだけど。
何だかかみ合わないんですよ。
あの人達は、私達日本人が戦後欧米に洗脳されていると思っているフシがあります。目を覚まして昔の日本に戻って!と言われているような。
いや、目が覚めたからこそ、日本は今の日本なんではないのかしら。戦前の日本なんて階級制度があって女性参政権すらなかったんだよ?軍部が国を支配していて大マスメディアはこぞって勝利!勝利!とか煽ってたんですよ?非国民なんて言葉があったんですよ?今のISよりは近代的だけど、前時代的なのは間違いなかったですね。ISよりましなのは、時系列的に本当に前時代だってことかな。
そんなんで、どういう風な具合に目を覚ましたらいいのか、わからないな〜。
上手く狡猾に覚醒するよう希望しています。
2015年1月13日(火)
パーティーアイテムとしてのインド料理
インド料理はスパイス料理です。スパイスは天然の防腐剤とも呼ばれて、インド料理はカリー類をはじめ作り置きできる料理が多いのです。
つまり、パーティー料理に最適なのです。スパイスが得意な人達が対象でしたらば是非。
インド料理って素晴らしいですから。私は個人的に異国料理の中ではインド料理が抜群に美味しいと思ってます。インド料理と同程度に私が魅力を感じているのはフランス料理ですが、素材コストが高いのが難点。
その点、インド料理のコストは低く、ありふれた食材の変化はマジックのよう。
スパイス万歳!
或る日のインド料理パーティーのメニュー例を見てみましょうか。たまにインド料理に特化したパーティーも開いています。デザートはフランス菓子の方からですが(インド菓子はね〜日本人の味覚には向かないかな)、料理は混じりけなしのインド料理。お招きするお客様は自称も他称も「カレー好き」限定でないと少々おツライかもしれません。
10人前でこれくらい用意すると豪華。
(前菜)
・サモサ
・焼きナスのライタ
・チキンティカ
・カバブ
・カブとトマトと玉ねぎのサラダ
・じゃがいもとインゲンのサブジ
(カリー)
・白身魚の香味焼きカリー
・パニールのカリー
・ラジマ(金時)カリー
(ご飯もの)
・ビリヤニ
・ターメリックライス
(デザート)
ケーキや焼き菓子など


これらのメニュー構成でしたら、フレッシュコリアンダーの量さえ加減すれば、インド料理初心者にも受け入れやすいかと思います。ラム肉を使うメニューを入れる場合には、よりディープな客層に特化する必要があるかもしれません。いずれにせよお客様には事前にメニューの確認と了解をしっかりとる必要ありですね。
そうなんですよ、真正インド料理好きからすればコリアンダーとラムなどウェルカムでこそあれ避けるなどあり得ないでしょ、と思うかもしれませんが、普通に「カレー好き」くらいのレベルでは、コリアンダーもラムもダメです、ついでにグリーンピースも、なんてことは、あるんです。要注意ポイントです。
ですから、まずは、当教室メニューならばレギュラークラスのカリーあたりから、少しずつ慣れていってもらって。最後にはディープな料理をたべていただけるようになるといいですね。
教室メンバーの皆様、習ったもので積極的にインド料理パーティーを開いてくださいね。お友達やご家族にふるまってください。草の根活動が重要です。地道に、インド料理を、日本人に普及していきましょう!
がんばろ〜
2015年1月6日(火)
ご案内
ただいまお教室にてこちらのチラシ配っております。
研究クラスのY様が実験的なインド料理屋を始められるという素敵なお知らせでございます!
インド料理好きを地道に増やしていくのが私の教室の使命だと思っておりましたが、ついにお店を出す方が現れるとは。素晴らしい!
カレー屋ではなくインド料理屋というカテゴリーでやられるとのこと、こだわりを感じます。
飲食店の成功には様々な要素がからみますので、こだわりの店の場合にはマニアックな集客方法で頑張って欲しいと思います。インド料理を習っているような人やインド料理を食べ歩いているような人々をターゲットにすればきっとうまくいく。
実は似たような店が武蔵小山にもあります。スナックコスモスというバーで、昼間はインド(スリランカ)カリーを提供しているのです。二毛作の成功例。
Y様が開店されるお店は学芸大学商店街の「翆」というバーにて。土日ランチタイム限定営業、1900円のコース料理をお出しになるそうです。
今週末、1月10日オープンです。お近くのインド料理好きの皆様、どうぞ足をお運びくださいませ〜
私も3月にいくよ〜
2015年1月4日(日)
新年早々
あけましておめでとうございます!
2015年もよろしくお願いいたします。
上の写真はエアインディアの名物カレー機内食。昨年のフライト時のものです。ド真ん中の青唐辛子が素敵でしょう?ごはんの右はホウレン草とチキンのカリー、左はじゃがいものサブジです。サブジの方が美味しかったです。
カリーはベジかノンべジか選べますが、いずれにせよインド料理の機内食となります。左上のデザートはシマイ(バミセリ)のキールですから、もう、私などには行きから楽っしい〜ですよ。
ただし、近くに座っていたマダム連の一部は、「わたし、これ苦手だわ!」「あ。ほんと、辛すぎる!」「うっ、変な味!」などと言って、ほとんど残してました。
これからインド旅行だっていうのに?この程度のインド料理にめげちゃってたらば。大丈夫かしら?って他人事ながら心配してしまいました。団体ツアーだからツアー食事は中華料理や洋食も組み合わせてくれるのかもしれませんが。
エアインディアは、現在のデリー成田路線は最新のB787で快適ですし、日系よりお安いですし、時期によっては客席が空いてますし、機内食からカレーで気分上がるし、今なら(昔は酷い機材でしたから×でしたが)おススメなんでございますが、先日墜落したエアアジアの状況など見ると、保障と言う部分に関しては、やはり日系に勝るものはないと思いました。先進国以外の航空会社に乗る場合には、手厚い内容の保険に個人的に加入していくのがより重要ですね。
インド旅行って、楽しいんですよ。ほんとですよ。
だのに、新年早々、嫌なニュースが飛び込んできました。世界ニュースなどでお気づきの方もいらっしゃいますかね、12月に日本人女性がブッダガヤで一カ月くらい監禁されて集団レイプされて、弱ってきたところを放り出されたようです。現在の時点で5人逮捕されてますね。
死ななくて幸いだったのかどうか。この世の地獄ですよ。コルカタ在住の20代の学生?研究者の女性。
最悪です!もう、最悪の犯罪です!
悪質な現地日本語ガイドに騙されたようです。インド長期滞在の日本人女性は、短期旅行者よりも、もしかすると気が抜けている部分はあるのかもしれません。何事も慣れてくると警戒心が薄らぎますので。何故なら、周囲にいるほとんどのインド人は善良なんです。
でも、インドはレイプ犯罪の多い国です。本当に、日常茶飯事といってよい犯罪。被害者が先進国の女性であったり、社会的影響力のある女性だったりした時だけ、問題となります。
今回の被害者は現地長期滞在中の日本人でした。日本語堪能な現地ガイドに騙されたそうですよ。誰を信用したらいいのか、もう。気の毒です。
女性のインド一人旅は絶対におススメしない理由です。日本からガイドと車を手配していても、何が起きるか分かりませんから。個人旅なら二人以上で行くか、団体ツアーに入ることを強くおススメ。特にまだ若い(日本人なら若く見えるから40代前半くらいまでは)女性は、一人はやめた方が、いいですよ。
もちろん、全く問題はなく、良い人々に会い助けられ楽しい思い出だけで帰ってくる一人旅ガールもたくさんおります。私は、この状況をロシアンルーレットと呼んでおります。意味分かりますかね?
例えば、適当な数字で言いますと、10人中9人は、ほとんど問題なく帰って来られます。残りの1人は最悪の場合、強盗強姦被害にあいます。
さあ、アナタはどちらにかける?みたいなこと、私はしたくないし、周囲の人におススメしません。
万全な対策を立てて、インド旅行をして欲しいと思います。これも慣れてくると気が抜けるものなのですが。
今まで何回も1人でインド行って平気だったから今回も大丈夫、と思っちゃうものですからね。
ちなみに、今回のコルカタの日本人女性の事件は、被害届が出て警察が動いたので明るみになりましたが、このような事件が起きても被害届を出せるような状況にないまま帰国する日本人女性の情報も裏にはたくさんあるのです。これは氷山の一角にすぎません。こういう被害にあった場合、泣き寝入りする旅行客が多いという事実をどうぞ、かみしめ。
インド旅行計画を立ててくださいませね。いつまでも幸運が続くわけではないのですから。
私がおススメするのは、目的が安全第一ならば団体ツアー。目的が自由行動ならば、日本の旅行社を通して万全な現地手配をした上の個人旅行です。
現地の旅行会社や現地でホテル、とか、もう、絶対やめてほしいですね。タイに行くんではないんですからね!女の子は絶対にそういうバックパッカー的いきあたりばったり旅行はやめてくださいね。
あえてリスクをとりたい方は止めないですけど。デリーの空港で毎回複数見かけます、そういう女子インド一人旅。「このまま地下鉄で市内行けますよね?」「宿は適当にとれますよね?」などと一人旅同士で話しているのを聞いて、私がいつも心に思うのは「グッドラック!」です。
ということで、これから旅行計画立てる方々、お気をつけてどうぞ。
*追記
後からの情報によれば、今回の被害者の日本人女性はインド長期滞在者ではなく短期旅行者だったようです。私が「グッドラック」と祈っているうちの一人でした。旅行計画を立てる際には十分気をつけましょう!





過去の主の独り言はこちらを参照ください (T) (U)