ネパール料理クラス

日本のインド料理屋さんはネパール人が経営する店が多いのをご存じでしょうか。
インドネパール料理と看板を掲げた店はほぼ確実にネパール人のお店です。日本にはネパール人がたくさん住んでいるのです。
当教室のある武蔵小山駅は東急目黒線沿線ですが、この武蔵小山にも、お隣の西小山にも、不動前にも、そして目黒駅にもネパールインド料理屋さんはたくさんあります。
知らずに注文してインド料理だと思って食べているそのカリー、実はネパール料理かもしれません。インド料理とネパール料理の違いは、例えるならば博多ラーメンと札幌ラーメンみたいなもの。つまり、カリー(=ラーメン)です。

インド北東部、紅茶の産地として有名なダージリンに隣接するヒマラヤ山脈沿いの小さな国がネパールです。その文化はインドと密接に繋がり、ヒンドゥー教と仏教の国で、民族衣装はサリー、食事はスパイスを多用したカリーがメインとなります。歴史的、文化的にバングラデシュ、スリランカ、パキスタンと同じくインドの眷属といえます。言い方を変えるなら、インドの一地方のようなもの。

それでも、チベットや中国と隣接しているため、文化的な多様性も見られます。
ネパール料理の代表的存在モモなど、小龍包にそっくり。スパイスで味付けされた小龍包、当教室の主の大好物です。
アメリカ在住のネパール人協会が発行したレシピをもとに、作りやすくアレンジしたネパール料理をご紹介いたします。

興味のある方、どうぞ受講してみてください。


個人レッスンにてご予約を承ります。グループでお申込みの場合にはレッスン料が割引になります。
ご希望の方はメールにてご希望の日時(平日限定)とメニューをお知らせください。
授業料(一回):\6,500(消費税、材料費等全て含む)
2人以上でお申込みの場合は\5400

*作ったものはお持ち帰りできます


メニューは随時追加されます

A
・ラム肉のモモ、トマトチャッツネ添え
・ポテトとトマトのカリー
・カリフラワーのアチャール(ピクルス)

代表的な料理、モモを作ります
皮は小麦粉から手作り、包み方をマスターしましょう




B
・野菜入りモモ、胡麻とコリアンダーのチャッツネ
・カリフラワーとポテトのカリー
・キュウリのアチャール(ピクルス)

モモのバリエーション、包み方を練習しましょう



C
・桜えびとトマトソース、鳥肉のモモ(本場はターキー、日本ではチキン)
・ポテトと胡麻のアチャール(ピクルス)
・ネパール風卵とじ

モモのバリエーション、桜えびの香ばしいソースで



D
・ビーフモモ、大豆とコリアンダーのソース(本場は水牛、日本では牛肉)
・大根とキュウリのアチャール(ピクルス)
・キノコカリー

モモのバリエーション、珍しい風味のソースで